週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

アンダー3万円ミドルの新星「Radeon RX 5500 XT 8GB版」の実力やいかに?

2019年12月12日 23時00分更新

VRAMは4GBまたは8GBが選択可能

 ではRX 5500 XTのスペックを確認してみよう。いわゆる“Navi10”系列の製品であるため、GCN世代に比べ処理効率を大幅に向上させたこと、さらに7nmプロセスによるワットパフォーマンスの改善、“Radeon Media Engine”の搭載、さらにはPCI Express Gen4への対応などは共通している。

 ただRX 5700シリーズのレビューでも判明した通り、PCI-Express Gen4対応は今のゲームにはメリットはないが、それ以外の特徴は全てRX 5500 XTのアドバンテージとなる。特にVRAMがGDDR6で8GB載せてきたという点は、ライバルであるGTX 16シリーズに対する大きなアドバンテージだ。

 メモリーバス幅が128bitと、RX590の半分に削減されているがGDDR6採用によりメモリーデータレートが高速化したのでメモリーバス幅は128bitで十分、ということだろう。

RX 5500 XTと、その近傍のGPUのスペック比較。※の付いている項目は筆者の推測によるもの

今回試用したVRAM 8GB版RX 5500XTカードの情報を「GPU-Z」で拾ってみた

 RX 5500 XTのもうひとつつのポイントはTBP、すなわちTypical Board Powerだ。RX 590は14nmのRX 580を12nmにシュリンクし、やや高クロック化してリリースされた製品だが、結果として今の時代のミドルクラスGPUとしてはやや高めの225Wになってしまった。

 しかし、RX 5500 XTは7nmプロセスになった結果、TBPは130Wにまで低下。補助電源は8ピンであることは変わらないが、ようやく現行アーキテクチャーのミドルクラスGPUが出てきたな、という感が強い。TDP130W化が消費電力にどう影響するかは後ほど検証するとしたい。

 ちなみに、RX 5500 XTのレビュアーズガイドではTBPは“Total Board Power”と表現されているが、RX 5700シリーズではTypicalと表現されていたので、こちらを採用した。

「Radeon RX 5500 XT Challenger D 8G OC」のクーラーはデュアルファン仕様となる

GPUクーラーは基板後部からやや張り出す形になっており、基板そのものはそれほど大きくない

映像出力系は一般的なDisplayPortが3基にHDMIが1基という定番の構成。DVIは搭載されていない

TBPが130Wなので補助電源は8ピン1系統の入力が必須となる

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう