週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

秋のヘッドフォン祭 2019レポート

ヘッドフォン祭で見たハイエンド、Campfire AudioやUnique Melody新製品

2019年11月03日 14時30分更新

qdc FUSION

qdc、Unique Melodyの新モデルも発売間近?

 これまでにもイベントなどで展示され、たびたび話題となっていたqdcのカスタムIEM「FUSION」も試聴できた。こちらも発売時期は未定ながら、年内の正式発表を目指すという。価格は10万円前後になる見込みという。

Unique Melodyのカーボンを仕様した新モデル左がMENTOR V3+、右がMASON V3+

 Unique Melodyの発売前カスタムIEM「MENTOR V3+」と「MASON V3+」も展示。ドライバー構成は、MENTOR V3+が12BA(Low×4、Low-Mid×2、Hi-Mid×2、Hi×4)、MASON V3+が(Low×4、Low-Mid×4、Hi-Mid×4、Hi×4)だが、筐体(ハウジング、フェイスプレート)にカーボン樹脂を採用している。

 発売時期は未定だが、MENTOR V3+が30万円前後、MASON V3+が40万円前後になる見込み。

「MAVERICK Ti」と「MACBETH Ti」

 同じくUnique Melodyのユニバーサルイヤホン「MAVERICK Ti」と「MACBETH Ti」も展示。大きな特徴は、筐体にチタンを採用している点。発売時期、価格は現時点で未定だが、年内の発売を目指すという。

 Beat Audioの新リケーブル用ケーブル「Emerald MK2」も展示。4芯モデルと8芯モデルを用意し、今年中の発売を目指す。価格は未定だが、4芯モデルが6万円から7万円ほど、8芯モデルが9万円前後になる見込み。

 「秋のヘッドフォン祭 2019」は、中野サンプラザで11月3日の18時まで開催中だ。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう