週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

でんぱ組.incの古川 未鈴さんや父ノ背中のけんき選手、DustelBox選手なども登場

「UBIDAY 2019」は人と最新情報が溢れかえる年に1度のパーティーだ

2019年10月06日 21時30分更新

未発売タイトルも試遊!
ウォッチドッグス レギオンのシアターも

2階には試遊ブースが

 UBIDAY 2019では、ステージ以外に最新タイトルや未発売タイトルの試遊台も設置。「ローラーチャンピオンズ」や「ジャストダンス2020」などの試遊台のほか、ウォッチドッグス レギオンのシアターも設置してあった。試遊台の体験レポートは、別記事で紹介する。

最新作や未発売タイトルなども遊べた

1階にはVRアーケードマシン「Virtual Rabbids THE BIG RIDE」も

 そのほか、同社のタイトルの世界観で撮影できるフォトスポットや、特殊メイク技法を応用したエアーブラシで素肌に各タイトルのマークを描いてくれる「ボディーアート」コーナー、各種タイトルロゴや、「レインボーシックス シージ」のオペレーターのアイコンがデザインされたアンブレラマーカーが手に入る「スペシャルクレーンゲーム」なども設置してあった。

フォトスポット

「スペシャルクレーンゲーム」

「ボディーアート」コーナー

 そして地下1階では昨年より規模を拡大した物販コーナーを出展。規模やグッズの数を拡充したおかげで、さすがに売り切れた商品はあったものの14時くらいから整理券なしでもグッズを購入することができるようになっていた。

オリジナルグッズを出展

火花のスカジャンがめちゃくちゃほしい……

2BRO.とウォッチドッグスのコラボTシャツ

1階にもグッズが展示されたいた

1階で手持ちでグッズを販売するスタッフさんも。地下1階で並ばずに少しグッズが買えるのはうれしい

 かなり多くの人が訪れた「UBIDAY 2019」。今年は東京だけでなく大阪でも10月11日に実施するため、気になる人はぜひ足を運んでみてほしい。

自由にコメントを書けるコーナーは、どんどんいっぱいに

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう