週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

今年の注目の中華まん

ファミマ「チーズ肉まん」チーズがめちゃ伸び~る

2019年08月20日 11時30分更新

肉まんの中にチーズが!

 ごきげんよう、アスキーのモグモグ担当ナベコです。コンビニの新製品情報のチェックは日々欠かせません。まだ夏の暑さが厳しいですが、コンビニ各社は今年度の「中華まん」をすでに出してきていますよ。ローソンはいち早く7月30日から中華まんをスタート。少し間をあけて、セブン-イレブンは8月13日、ファミリーマートでは8月20日から、中華まんを発売しています(店舗やエリアによって開始日は異なるようです)。

 年々おいしくなるコンビニの中華まん。今回は2017年から生地を大幅に刷新し、売上げ好調というファミリーマートの中華まんを食べてきました。注目は9月10日に発売の「チーズ肉まん」(160円)。

「チーズ肉まん」
・店舗:ファミリーマート
・価格:160円
・発売日:9月10日

新レギュラーの肉まん×チーズ

 チーズ入りの肉まん。昨年数量限定で販売して好評だったという「ファミマプレミアムチーズ肉まん」をリニューアルして、レギュラー商品として販売します。価格は昨年220円だったところ、160円に。

 三元豚を使用し、3種類の製法(炒め、脱水、生)で下ごしらえした玉ねぎと合わせた具材に、モッツァレラ、ゴーダ、チェダー、パルミジャーノレジャーノの4種類のチーズを合わせたとのこと。製造は井村屋です。

 生地はほんのり黄色みがかっています。

 むっちりふかふかした生地を割ってみると。

 とろ~ん。

!!!

 チーズが伸びます!!

うわわわ。

 モッツァレラ、ゴーダ、チェダー、パルミジャーノレジャーノをブレンドしたチーズは粘り気が強く、お餅のようによく伸びました。わお、フォトジェニック!

1メートルくらい伸びました。

 食べてみると、豚肉はあっさり塩味ながらもジューシー。チーズはクリーミーで程よいコクで、お肉の旨みを引き立ててくれました。チーズがたっぷり入っているので、クセがあるかな? と、想像していましたが、そんなこともなく、主役はちゃんとお肉。後味も肉の旨みの余韻が残り、バランスが良いなあと。

 三元豚は、食感とジューシー感を両方感じられるよう2種類の大きさでカットしているそうで、なるほど、ゴロゴロした満足感ある舌触りで、なおかつ溢れ出る肉汁が本格的。

 2段熟成発酵でこだわりの質感を出したという“熟成生地”は、きめ細かく弾力があって、具材の旨みをバッチリ受け止めていましたよ。ファミリーマートの中華まんは「生地だけ食べてもおいしい」とうたうほどで、確かに、生地をちぎって食べるとほんのり甘みがありました。熟成生地すごい!

 「チーズ肉まん」は、肉のジューシーさとチーズのクリーミーな組み合わせを堪能できる、まとまりが良い中華まんでした。思わず写真に収めたくなるチーズのインパクトもグッド。ただ、アツアツのうちではないとチーズが伸びづらいので、買った際はお早めに食べてみてください。

「チーズ肉まん」に先駆けて定番中華まんが登場

 今回紹介した「チーズ肉まん」は9月10日から。少し先ですがお楽しみに。

 ファミリーマートでは、8月20日から「熟成生地の本格肉まん」(130円)、「キーマカレーまん」(130円)、「あんまん」(120円)などレギュラーの中華まん各種を展開。中でも、「極旨 黒豚まん」(198円)、「チーズたっぷりピザまん」(130円)は、頬が笑うおいしさ。

「極旨 黒豚まん」。リッチラインの中華まん。

鹿児島県産黒豚100%。濃い旨み。

 「極旨 黒豚まん」(198円)は、“究極の肉まん”とうたうリッチライン。原料の産地選びにもこだわっています。鹿児島県産黒豚100%使用し、さらに玉ねぎは淡路島産。ふかふかした厚めの熟成生地に、ジューシーで旨みが濃い肉が詰まっていて、ボリューム感、満足感がある一品。専門店さながらです。

「チーズたっぷりピザまん」。

みずみずしいトマトとチーズの組み合わせ。ほんとにピザのよう。

 「チーズたっぷりピザまん」(130円)は、これまでのピザまんに濃縮トマトを新たに添加。トマトのみずみずしさもたっぷりと楽しめる中華まん。チーズの香りが快いのと、トマトの風味が濃いのでヘルシー感もある中華まん。男女ともに好まれそうですよ。

 あなたはもう中華まん開きをしましたか? 今年の1品目は、どれから?

書いた人:記者ナベコ

酒好きライター、編集者。カンパイからすべてが始まるはず。「TVチャンピオン極~KIWAMI~ せんべろ女王決定戦」に出演するなど酒活動しつつ食トレンドを追っています。♪アスキーグルメやっています.情報募集中→【Twitter】【Facebook】

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう