週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ファーウェイの5Gスマホが予約開始! 5Gの動きが目立ち始めた深セン電脳街

2019年08月06日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

各社の広告でも5Gを大きくアピール!

 電脳街には中国電信も大きい広告を出しており、こちらには「5G hello」という同社の5Gサービスのブランドロゴが掲げられていました。中国電信も準備が整い次第、すぐに5Gサービスを開始する予定です。なお、3キャリアが同日にサービスを開始するのか、あるいは早い者勝ちのように3社が開始日を競い合うのか、現時点ではまだわかっていません。

中国電信も5Gをアピール

 中国電信の店舗では5Gのデモは行なわれていませんでしたが、OPPOのフラッグシップストアでは5Gスマートフォン「Reno 5G」が展示されており、中国電信のSIMを入れて5Gの電波をつかんでいました。

OPPOのReno 5Gの中国電信向けモデル

 スピードテストを行してみると、コンスタントに600Mbps台を出していました。深センは5Gを真っ先に開始する最初の都市の1つですから、各キャリアともこの電脳街にはすでに十分な基地局を建てているかもしれません。

中国電信は実測で600Mbps前後

 もう1社のキャリア、世界最大の加入者数を誇る中国移動は5Gに関しての動きは見られませんでした。おそらく8月中には5Gスマートフォンの展示や5G開始時期について何らかのアナウンスをするでしょう。

今回の5G体験は中国電信と中国聯通のみ。8月には中国移動も試せるようになっているかもしれない

 中国のスマートフォン契約は基本的にプリペイドで、プラン変更で5Gが使えるようになる予定です。そのため日本人でもキャリアの店舗でユーザー登録をすれば5G対応SIMを入手でき、5Gスマートフォンに装着してすぐに利用できるはずです。中国で5Gが始まったら、すぐにSIMと端末を手に入れて5Gを体験してみたいものです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう