週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

10年間使ったPCよりも6倍高速!アスキー専属カメラマンが本当に欲しかった構成

2019年08月01日 17時30分更新

カメラを扱う人にとっては利便性が高い!

 DAIVのケースは、黒い筐体で、正面上部にハンドルがあり、底面にはキャスターが2つついている。ハンドルを持ってコロコロと移動しやすい仕様で、作業上移動する機会が多い場合はありがたい。

PCケースの底部の後ろ側にはキャスターが標準搭載。前面上部のハンドルを持って傾けて転がして、簡単に場所移動ができる

 フロントレイアウトは、上部に電源とUSB3.0のコネクター2つとヘッドホン、マイクを配置。電源はダイヤルタイプなのがちょっとおもしろい。プッシュ式だと誤って電源を落としてしまう可能性が0ではないので、そういった配慮がなされている。

電源は高級なAV機器のボリューム調整のようなダイヤル式

 カードリーダーは、フロントカバーの下に設置。上下2つらカバーが別れていて、下段は通気孔になっている。サイドパネルにも通気孔が設けられているので、グラボを効率よく冷却できる。

カードリーダーは、前面カバーの下にある。カバーはマグネット式で、簡単に取り外しが可能

メモリーは16GB×4と大容量。CPUクーラーは静音性と冷却性を両立したCooler Master「Hyper 212 EVO」を搭載

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう