週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

PUBGも配信!「DMM GAME PLAYER」の機能や魅力を徹底解説

2019年06月05日 21時15分更新

何100タイトルも遊べる遊び放題サービスもヤバイ!

 さて、そんなDMM GAME PLAYERですが、無料、有料以外にスマホで配信しているゲームを一覧で確認したり、「遊び放題」のサブスクリプションサービスのゲームのインストールや起動も行なえます。一般ゲームの場合は定額30日間980円で、過去の名作などが遊び放題。ざっと見ただけでも200タイトル以上あるようです。

「遊び放題」のサービスでプレイできるゲームもどんどん増えている様子。契約する前にタイトルを確認することもでき、初回7日間は無料体験できるので、気になる人はまずは無料体験してみてはどうでしょう

 また、DMM GAME PLAYERでは、右上にある「R18ゲームへ」をクリックすることで、R18版へ遷移。R18タイトルの検索、起動も行なえます。

 さらに、R18版にも「遊び放題」があり、こちらは定額30日間2980円、過去のPCアダルトゲームの名作などがプレイできます。バナーを確認したところ、既に1000タイトル以上とありますが……まだまだ増えている様子。毎月何本もプレイするなら、十分元が取れるでしょう。

R18版は一般版よりも充実なラインアップ。時間があればずっとプレイしていたいっ!

スマホで遊べるタイトルもたくさん!

 これまで、別記事でブラウザーゲーム、本記事でPCダウンロードゲームと紹介してきました。DMM GAMESで配信されているタイトルは、スマホで遊べるものも数多くあるので、最後に少し触れておきたいと思います。

 DMM GAMESオンラインサイトで配信されているゲームは、元々ブラウザーゲームで始まったタイトルから、他社がスマホアプリとして初めて、ブラウザーゲームもしくはダウンロードゲームとしてPCでもできる形で追加配信されたタイトルなどさまざま。

 スマホアプリから始まったタイトルは置いておいて、ブラウザーゲームとして配信され、後にスマホアプリ版が配信されたタイトルは、iPhoneならApple Store、AndroidならGoogle Playに配信されているものもありますが、「DMM GAMESストア」というアプリを公式サイトからダウンロードし、そこからスマホにインストールする、というタイトルもあります。主にR18版のタイトルなどは、この形式です。

「DMM GAMESストア」は、公式サイトのQRコードを読み取って入手。ちなみにAndroidスマホのみ利用できます

 スマホアプリ版の場合、Apple Store版とGoogle Play版はそれぞれAppleとGoogleの課金システムにて課金を行ないますが、「DMM GAMESストア」でダウンロードしたゲームは、ブラウザー版と同じく課金でDMM GAMESポイントを購入し、アカウントで共有できるという違いがある訳です。

「DMM GAMESストア」版のアプリは、本アプリ上でゲームのアップデートも行ないます

 課金に関しては、使う人次第なのでお好みでとなりますが、R18版をスマホでプレイしたい、課金情報をブラウザーでプレイしていた時と統一したい、という人は「DMM GAMESストア」版のアプリで遊ぶといいでしょう。

 ちなみに、別記事でDMM GAMESのゲームは、ひとつのアカウントで複数ゲームを起動できると解説しましたが、スマホアプリ版も同じです。一般的なスマホゲームの中には、起動できる端末は1つのみと制限されており、新しいスマホにアカウントを引き継ぐと、前の端末ではプレイできなくなります。しかし、「DMM GAMESストア」版のスマホゲームの場合は、複数端末で起動できます。

 もちろん、同じゲームを同じ時間に複数の端末で起動することはできませんが、自宅にメインのスマホを置き忘れても、サブのスマホを使い外出先で同じゲーム遊ぶことができるのです。

 また、「DMM GAMESストア」版の別々のアプリを、複数端末で同時に起動することは可能です。たとえば、スマホAで「千年戦争アイギス」を、スマホBで「あいりすミスティリア!」を遊ぶということは可能です。

 ちなみに私はASUSのゲーミングスマホ「ROG Phone」のオプション「TwinView Dock」を使って、外出先でも2つのゲームを同時にプレイしています。2つの端末を両手に持ってプレイするのは操作が大変ですからね。これが外出先プレイでは最強に違いないのです。

スマホをドッキングさせると、もうひとつの液晶ディスプレーにスマホの画面を拡張して表示できるROG Phoneの「TwinView Dock」で、2つのゲームを同時に起動した様子。どちらもタッチパネルなので、片手で持って同時に操作できるのが◎。音声が混ざって聞こえる点はご愛敬

 あと、余談ですが「Witch's Weapon -魔女兵器-」のように一般的なスマホアプリと同じように最初からGoogle PlayとApple Storeで配信され、「DMM GAMESストア」にて配信されていないタイトルもあります。これらもゲーム次第ですが、要は自分がおもしろければイイので、自分好みのゲームを探すひとつの方法としていろいろ活用してみるといいでしょう。

(提供:DMM GAMES)

●関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう