週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Bluetooth非対応の機器を無線化する万能アイテム「SoundSync」:Xperia周辺機器

2019年04月28日 10時00分更新

Bluetooth非対応の機器をワイヤレス化する
万能アイテム「SoundSync A3341」

 Xperiaに入れた音楽をワイヤレスで車載オーディオで聴いたり、もしくはテレビの音をワイヤレスでヘッドホンで聴くといった場合など、対応機器が揃っていれば解決する場合も、そうもいかない場合もあります。

 そんなときに役に立つアイテムが、Ankerの2-in-1 Bluetoothトランスミッター&レシーバー「SoundSync A3341」(以下SoundSync)です。

 もともとBluetooth通信には送信側(TX)としての役割と、受信機(RX)としての役割がそれぞれに別れており、こうしたBluetooth製品にはどちらか一方しか備わっていない製品も多いのですが、SoundSyncはこれ一つでBluetoothのトランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の2役をこなします。

 小さくて軽い立方体のボディーのSoundSyncのサイズは約70×70×22mmで、重量は約51g。リチウムバッテリーを内蔵しており、使用の際に電源の確保は不要。バッテリー容量は350mAhで、公称値として送信機モードで最大20時間、受信機モードで最大17時間程度の利用ができるようです。充電の際は付属のmicroUSBケーブルを接続し、2時間でフル充電できます。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう