週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

モトローラの合体モジュール「moto mods」を整理整頓できるバッグを購入

2018年12月11日 10時00分更新

文● 山根康宏 編集●ASCII編集部

無印良品でもピッタリなポーチを発見!

 ポーチやケースに入れたmoto modsたちを収納するのに、ちょうどいいサイズのポーチが無印良品で売っていました。「手付ポーチ」約12.5x20.5x10.5cm。色はグレーと黒があります。中は仕切りもなくmoto modsを入れるのにちょうどよさそうな容量です。

無印良品の手付ポーチ、税込み1390円

moto modsを楽に収納できそう

 ためしに360カメラを入れてみると長さは十分。ケースに入れた状態でも入ります。

縦長な360カメラも余裕で入る

 ここに手持ちのmoto modsを入れてみましたが、カメラ、プリンター、360カメラ、背面ケース2枚をすべて入れてもまだ余裕があります。ここにモバイルバッテリーを入れておくのもいいかもしれません。また、ポーチの上蓋の裏側にはスマートフォンを入れることもできるので、moto zをサブ機に使っているときなどもここに収納できます。まるでmoto zのために作られたポーチのようです。

手持ちのmoto mods全部にmoto z3 playまで入ってしまう

 もしもこれ以上moto modsが増えたら、手付ポーチを買い増せばいいのです。これはぜひともモトローラのロゴ入りでモトローラから売り出してほしいものですね。

moto modsが増えてもこのポーチを買えば楽に収納できる

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう