週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

BlackBerry KEY2は物理キーボード好きにとって最後の砦

2018年12月09日 12時00分更新

Snapdragon 660でなんでもソコソコにこなす

 ここではベンチマークを見ていく。SoCはSnapdragon 660。ミドルクラスのSoCで、GPU性能は低いものの、CPU性能は十分にあり、ゲーム以外のシーンであまり困ることはない。また、メモリーは6GBである点もポイントだろう。ウェブブラウズしながら、他のアプリで仕事関連の情報をチェック、あとTwitterなどのSNSといった使い方なら困るシーンはない。

 ただ、3DMarkについてはSling Shot Extreme Unlimitedがプリセット途中でリブートしてしまうばかりだった。つまり、ヘビーなゲームアプリなど過度な負荷が生じるアプリに対しては慎重であるべきだ。

3DMark Sling Shot ExtremeプリセットとSling Shot-Vulkanプリセットのスコア。一応動く程度のスコアだ

Antutu Benchmark。こちらはSnapdragon 660的なスコアとなった

Antutu Benchmark HTML5版のスコアは良好。このあたりはウェブブラウズでよく体感できるだろう

PCMark Work 2.0 Performanceのスコアは意外にも高く、ハイスペック端末に近いものとなった

GeekBench 4。これも搭載するSoCらしいスコアである

 このように、搭載するSoCらしいスコアが並んだが、PCMarkについては高めになった。ゲーム以外は良好であり、BlackBerry KEY2でSNSや仕事のメールなどをするくらいなら困ることはないだろう。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう