週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ぶ厚いポテチは好きですか?

カルビー「最厚級」ポテトチップス実寸も超厚 歴史に残るかも

2018年11月19日 19時45分更新

ふつうのポテトチップスと比べてみた

ポテトチップスうすしお味と比べてみた。

 一般的なポテトチップスとどれくらい差があるのでしょうか。カルビーのオーソドックスなポテトチップスうすしおを買ってきて比べてみました。

左がふつうのポテトチップス。右がポテトデラックス。

 ポテトチップスうすしおが紙のようにペラッとした薄さで歪曲しているに対して、ポテトデラックスは板のような厚さで、まっすぐ。並べると差は一目瞭然でした。

下がポテトデラックス。厚みが全然違う。

 ポテトデラックスは、見た目からして普通のポテトチップスとは別物のよう。

気になる味は?

 インパクトは大。ですが、ここまで厚いとポテトチップスらしい食感が保たれているのかが気になります。

 食べてみました!

 外側はカリッ。ハードな食感です。内側は厚みがあるのに硬くなく、芋のほっくりさも感じられます。なるほど、カルビーの「じゃがビー」に近いイメージ。それでいて、じゃがビーよりポテトチップスらしいカリカリさがありました。

 確かに「ありそうでなかった」ポテトチップスの食感。

マイルドソルト味は、えぐみの少ない薄塩でポテト本来の甘さが感じられました。

 いいじゃん、と思いました。厚切りのぶん、食べごたえがあって料理のフライドポテトの延長線にあるよう。あくまでスナック菓子の範疇ですが、しっかり揚げたフライドポテトの端の部分を食べているにも近い感覚があっておもしろいです。

ブラックペッパー味はピリリとコショウがきいて、お酒のおつまにもぴったり。

 軽い食感のポテトチップスのとはまた別で、噛みごたえ重視の一品。例えば、「堅揚げポテト」とかハードで食べごたえがある食感のポテトチップスが好きな人にオススメです。

マヨネーズをつけて食べるとさらにウマイ!

 これまでになく厚くて、ポテトチップスの歴史に残る一品になるかもしれません。現在は信越エリア限定の販売ですが注目です。

 なお、「芋にはマヨネーズだ」という思いつきでマヨネーズをかけたら、心底おいしかったです。まろやかでコクのあるマヨネーズをデラックスポテトがしっかり受け止めてくれました。相性がとても良い。ということで、ポテトデラックスを手に入れた人はぜひマヨネーズをかけてみてください。

■関連サイト



■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

書いた人:記者ナベコ

デジタル媒体アスキーでなぜか食べ物の記事ばっかり手掛けている人。3度の飯を食らいつつ酒をがんがん飲んでいる。好きなジャンルはビール、ウイスキー、焼酎、日本酒、ワインなど高アルコール全般。苦手なお酒は甘いカクテル全般とスピリタス。酒豪ではなきにつき鯨飲した翌日はSNSからも消える。Facebookやっています。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう