週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

北海道IT推進協会・人材育成委員会によるセッション「sports×IT」レポ

日ハム・コンサ・レバンガ 北海道スポーツチーム×ITへの期待

 No Maps 2018で開催された北海道IT推進協会・人材育成委員会によるセッション「sports×IT」では、道内の野球・サッカー・スポーツ球団より3者を迎え、スポーツ業界におけるITの活用について議論が交わされた。世界中を見て、研究し、どのようなICT、IoT戦略を考えているのか。また、道内のIT企業にとってどんな役割が期待できるのかなど、話題は多岐におよんだ。

 本記事では、パネルディスカッション「最強を目指し、道内のIT業界に期待すること」のレポートをお届けする。

左より、モデレーターの入澤拓也氏(一般社団法人 北海道IT推進協会 副会長 人材育成委員長)、株式会社レバンガ北海道 代表取締役CEOの横田 陽氏、株式会社コンサドーレ取締役CMO兼バイスプレジデントの菅原 均氏、株式会社北海道日本ハムファイターズICTアドバイザーの森岡裕史氏

ITベンチャーに求めるのは、スポーツチームをいっしょに盛り上げたいという熱意

 各球団では、ファンエンゲージメントの強化へのテクノロジー活用に期待している。北海道内のITベンチャーにはどのような提案をしてほしいか、という質問について、3者それぞれ異なる視点でリクエストを挙げた。

森岡氏(以下、敬称略):「製品やサービスありきではなく、まずスタジアムで試合を観戦して、課題を見つけてほしい。スタジアムを見て、初めて気づくことがあるはず。そのうえで、課題を解決できるテクノロジーを提案してもらえたら」

菅原氏(以下、敬称略):「大型ビジョンでは、イベントごとに趣向を凝らした映像を流せるが、今は1回流したらおしまいで、もったいない。スタジアムで見せたものを、ほかの人にも見てもらえるように、チャネルを増やせるといい。また、パブリックビューイングは、エンターテインメントとして、スタジアムとは違った価値が生まれたらおもしろい。スタジアムに来ていない人にもアプローチして、新たなファン層を広げられるかもしれない」

横田氏(以下、敬称略):「一過性のものではなく、持続的なパートナーとしていっしょに取り組んでいきたい。ベンチャーの良さは、スピード感があり、一緒に走りながら考えてくれること。バスケットを自分たちが変えてやる、という熱意をもったベンチャーがパートナーになってくれるとうれしい」

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう