週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Viva Technology 2018に出展した大手企業15ブース

ルイ・ヴィトン、エアバスがベンチャー協業

2018年07月18日 06時00分更新

 Viva Technologyでは、分野別の大手企業によるラボと名づけられた各産業分野別のスタートアップが集められたブースが会場に展開されている。今年の各社ブースの様子を写真を中心に紹介していきたい。

Viva Technology会場全体の様子

Orange

 通信大手のOrangeブースはViva Technologyでも最大級。スタートアップ各社は日替わりで交代展示を行ない、今年は100社以上が展示をしていた。キャッチコピーは「Innovation that Matters」。

イベントの様子をレポートするラジオコーナーも設けられていた

RATP

 RATPはパリの地下鉄やメトロを運営するパリ交通公団。今月、電車内で生まれた男児に25歳までの交通機関無料利用券が提供されることになったのがニュースとなったが、それを行なったのがRATP。キャッチコピーは「Urban Mobility」。

出展者だと人気が少ない展示会場をみることできるのが、特典でもあり醍醐味であったりもする。開場前に撮影したRATPブースの全景

SNCF

 SNCF(フランス国有鉄道)ラボのキャッチコピーは「Open Transportation」。モビリティーを中心に、都市間交通に関連したスタートアップが中心に展示を行なっていた。

La Poste

 フランスの郵政公社La Poste。中央にツリー状のオブジェがあるのが、毎年の特徴。キャッチコピーは「Personal Services」。

電動自転車Le Véloを中心に多くの人を集めていた

こちらは去年のLa PosteのLabの様子。今年はより密度が増している

今年1月のラスベガスの家電見本市CESでも出展していたLa Posteのブース。Viva Technologyで展示を行なったことがきっかけでCESにも進出した形だ

TF1

 TF1はフランスの民間テレビ曲。キャッチコピーは一言シンプルに「Media」。

LVMH

 常に人だかりだったのがルイヴィトングループのラボ。キャッチコピーは「The Future of Luxury」。

ブースの裏側では、LEDでラベルが光る高級シャンパン「ドン・ペリニヨン」が展示されていた

Valeo

 自動車部品メーカー、Valeoのラボのキャッチコピーは「Automotive Technology」。BMWの電気自動車「i3」の展示も。

Accor Hotels

 アコーホテルズは、ヨーロッパを中心にソフィテル、メルキュール、ノボテルブランドなどを展開する大手ホテルチェーン。キャッチコピーは「Augmented Hospitality」。ブースセンター部分がメリーゴーランドのように回る大がかりな仕掛けとなっていた。

グラフィックレコーディングによる展示も

 去年のアコーホテルズのラボにはビーチチェアが並んでいて、休憩することもできた。今年は来場者が増え、開場の密度もかなりました反面、こうしたゆるさが全体的に少し欠けてしまっていたのが残念でもあった。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう