週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

3分動画で紹介:

最短1時間で野菜を届けるIT時代の三河屋『VEGERY』

 ベンチャー、スタートアップのサービス、事業の魅力を3分間の動画でお届けするASCII STARTUP ライトニングトーク、今回は、最短1時間で野菜を届けるIT時代の三河屋『VEGERY』だ。

 プレゼンしてくれたのは、ベジオベジコの平林聡一朗代表取締役社長。同社の事業説明は動画をご覧ください。


 動画で説明していた『VEGERY』は、最短1時間でオーガニック野菜を配達するサービスだ。注文は専用アプリで簡単に完了し、都内の渋谷区、港区、世田谷区など8エリアを中心にデリバリーする。届けた際には、今日のオススメやおまけの紹介なども実施する。今後の展開として、配達エリアを徐々に拡大し、地域に根ざしたあたたかみのあるサービス、”IT時代の三河屋”を目指す。

■関連サイト

“ASCII STARTUP ライトニングトーク”は、3分程度の制限時間内でのベンチャー・スタートアップ企業の代表による自社サービスのプレゼンテーション動画です。撮影はASCII STARTUPのFacebookページで、募集しております。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう