週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

手軽にコミュニケーションできる

Windows 10 IP「People」アプリが強化された

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

タスクバーに「My People」アイコンが追加されているのでクリックしよう

監視報告
Windows 10 IP「People」アプリが強化された

 Windows 10の連絡先アプリである「People」が次々と改善・機能強化されている。まずは、Windows 10 Insider Preview ビルド16184では、「My People」機能が搭載された。これは、任意の相手をタスクバーにピン留めする機能だ。タスクバーのアイコンをクリックすれば、即コミュニケーションが取れるようになる。

相手を選択して登録する

登録した相手からSkypeの絵文字が届くとこのように表示される

 さらに、ビジネスはメール、知人はSkypeというように相手ごとに利用するツールが異なっていてもOK。SNSアプリやメールアプリなどを立ち上げる手間がないので、手軽にコミュニケーションを始められる。

エクスプローラからMy Peopleアイコンにファイルをドラッグ&ドロップできる

 最新のビルド16199では、タスクバーに登録した相手からSkypeの絵文字が届くと、タスクバーの上に大きく表示されるようになっている。アイコンには未読件数も表示されるようになった。

共有メニューにPeopleの相手が優先的に表示されるようになった

 共有メニューではPeopleの相手が先に表示されるようになる「People-first Sharing」が採用された。アプリから共有しようとする際、手軽に知り合いが選べるようになったのだ。また、ファイルをタスクバー上のアイコンにドラッグ&ドロップして、直接共有することもできる。

設定からアイコンを非表示にすることもできる

 なお、タスクバーにPeopleアイコンを表示したくない場合は、「設定」の「個人用設定」→「タスクバー」→「People」で設定できる。


これでズバッと解決!

 頻繁に連絡を取り合う相手をタスクバーに登録し、手軽にコミュニケーションできるようになった。


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう