週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

カフェで外国人とマンツーマン語学レッスンができる「Flamingo」を体験してみた

2017年04月26日 06時30分更新

外国人と英語で話しまくるのは思ったより簡単で最高に楽しい

 予約の時間になったら、講師のLimさんがやってきた。時間は60分しかないので、早速座って会話スタート。ドリンクを注文するが、この扱いは講師によって異なる。例えば、講師がフランス人男性で、ユーザーが女性の場合は、講師がおごったりするケースもあるらしい。しかし、通常は割り勘だったり、Limさんのように生徒持ち、と決まっているケースもある。

 座る位置も指定された。普通に対面に座ろうとしたら、横に座るように指示される。ちょっと戸惑ったが、距離が近くなり、小さい声で会話できるためとのこと。カフェの中で、レッスン内容を大声で話したくはないので納得だ。

 まずは自己紹介からスタート。もう、「How are you?」に対する返信からして悩む。「I'm fine, thank you. And you?」と言っていいのか迷って止まるのだ。

 Limさんは、日本人は恥ずかしがるから駄目だという。お金を払って呼んでいる講師が馬鹿にするわけがないのだから、堂々と話すように言われた。恥ずかしいと思っているわけではないが、確かに自信がない態度になっているかもしれない。これでは体験にならないので、開き直って単語を並べ始める。

 会話なので、Google翻訳を使う暇もない。実はわからない単語があったら、引けるように準備はしていたのだが、スマホを見る間もなく弾丸トークが続く。これが、1分ごとに口が回るようになり、10分くらいしたらなんか普通に英語で会話できていて、すごい気持ちがいい。ときどき、単語だけで返答すると、きちんとした文章を教えてくれて、やり直すように言われるので、超勉強になる。

 想像通りというか、一般常識ではあるのだろうが、外国人と話すという体験そのものが上達の早道だというのが実感できた。ちなみに、今回はテストなので会話のみだったが、通常であればLimさんはテキストを使って語学レッスンをすることもあるという。こちらは、指示されたテキストをAmazonで買って持参すればいいとのこと。

予約した時間通りにLim先生が登場

最初は何も言葉が出なかったが、途中から普通に英語でしゃべれるようになった

あっという間にレッスン修了。最後はがっしりと握手

別の日のLimさんのレッスン風景。生徒が購入したテキストを持参し、レッスンに使っているところ

まずは500円のお試しレッスンでハードルをクリアしよう

 フラミンゴでは現在、お試しということで60分500円という破格というか、ビジネスとしては赤字覚悟のサービスを提供している。場所と時間を指定したら、「Flamingo」おすすめの講師がやってくるのだ。この手のサービスは、まずは最初に使うまでのハードルが高い。反面、体験してしまえば、慣れてしまうし、コストも納得するのでリピート率が高いのだ。要は「Flamingo」のマーケティング施策ということだろう。

 語学学習に興味がある人なら、ぜひこの機会に試してみることをおすすめする。わからないことがあれば、すぐに「Flamingo」に相談すればいい。受信トレイや「プロフィール」→「お問い合わせ・フィードバック」などからサポートとチャットできる。講師から来たメッセージを翻訳してくれたり、待ち合わせ場所がわからないときに道案内をしてくれるのだ。もちろん、問い合わせは日本語でOK。

 ちなみにフラミンゴは、2016年6月にEast VenturesとDeNA、partyfactoryなどから調達を実施。現在はiOS版のみだが、Android版とウェブ版の開発を進めており、今年内にはリリースを予定している。また既存のヘビーユーザー向けに、よりお得で楽しい体験を届けるように準備を進めているとのこと。月額プランも投入予定だ。

現在は60分500円という価格で、レッスンを体験できる

筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。パソコンやIT関連の媒体で、特集や連載、単行本を多数手がける。PC歴は四半世紀を超え、デビューはX1C(シャープ)から。メインPCは自作、スマホはiPhone+Xperia、ノートはSurface Pro3とMacbook Air。著書に「銀座のバーがウイスキーを70円で売れるワケ」(日経BP社)、「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)など。筋金入りのバーホッパーで夜ごとバーをハシゴしている。好きが高じて、「原価BAR」を共同経営。現在、五反田・赤坂見附・銀座で営業中。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう