週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

マイクロソフトの資料で必要メモリー量を確認

Windows 10の夏の大型アップデートで必要メモリ量が増える?

 Windows 10の最新情報を常にウォッチしている探偵・ヤナギヤが、Windows 10にまつわるギモンに答える本連載。

 基本技から裏技・神技、最新ビルドのInsider Previewの情報まで、ドド~ンと紹介します。

現在のマイクロソフトのウェブサイトでは、32ビット版は最低1GBとなっている

調査依頼
夏の大型アップデートで必要メモリ量が増える?

 Windows 10をインストールするために必要なメモリーのシステム要件は、32ビット版が1GB、64ビット版が2GBとなる。現在発売されているPCならほとんどが4GB以上を搭載しているので問題ないが、古いPCをアップグレードする際にはひっかかることもある。そんな中、気になる噂があるとたれ込みをいただいた。

 今年の夏には、「Windows 10 Anniversary Update」と呼ばれている大型アップデートが予定されている。本連載でいろいろと取り上げているInsider Previewの機能を正式リリース版に適用するものだ。もちろん無償でアップデートできるので、登場が期待されている。しかし、それと同時に、Windows 10の要件が変更され、メモリーの要求量が増えるという噂が流れた。発売からたった1年、本当だったら前代未聞だ。

マイクロソフトが公開している「Minimum hardware requirements」では、Windows 10 for desktop editions」のRAMが2GBとなっている

 早速調査したところ、マイクロソフトが公開している「Minimum hardware requirements」という資料で、必要メモリー量が増えていることを確認できた。確かに今後は、Windows 10の32ビット版も2GB以上のメモリーが必要になりそう。

詳細セクションでも、32ビットが最低2GB以上と明記されている

 現在稼働中のWindows 10が「Windows 10 Anniversary Update」の適用時にどのような挙動になるかはまだ不明。判明次第また報告する。ちなみに、32ビット版と64ビット版ではHDDの空き領域も16GBと20GBと異なるが、こちらはそのままのようだ。


これでズバッと解決!

 Windows 10 32ビット版の1GB以上、という条件が64ビット版と同様2GB以上になりそう


 Windows 10探偵団は毎週、月・水の午前9:00、日曜日の12:00に更新します。お楽しみに!


この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう