週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ポンプの位置に狂気を感じる水冷をCOMPUTEXで発見

2016年06月05日 02時03分更新

 今年のCOMPUTEX TAIPEIでは、RAIJINTEKのポンプが存在しない不思議な水冷のインパクトがわりと強烈だったが、常識を打ち破るオールインワン水冷システムがもう1つあった。それがSilverStoneの「Tundra Series Liquid cooling」だ。

SilverStoneのオールインワン水冷システム「Tundra Series Liquid cooling」。一見普通だが、なんか違和感を感じる

 この水冷、よく見るとウォーターブロック(水枕)が非常に薄いことに気がつくはずだ。それもそのはず、オールインワン水冷にあるはずのポンプが見当たらないからだ。

ポンプがないためウォーターブロックが非常に薄い

 では、ポンプはいったいどこに? 製品を見回すと、ラジエーターに奇妙なボックスが見える。まさかと思い、他の箇所を探すが一向にポンプは見当たらない。「そうだ! これはRAIJINTEKと同じポンプレス水冷なんだ!」と思うことにしたが、同社のスタッフから帰ってきた言葉は、常軌を逸するものだった。

 「さっきから見てる、そのラジエーターの真ん中にあるやつがポンプさ!」

 スタッフは、ラジエーターを貫通する奇妙なボックスがポンプだと言い張るのだ。しかもドヤ顔で! ポンプを置くところがないからって、ラジエーターの中に配置するという思考が、その時は理解できなかった。

ラジエーターの真ん中にある黒いボックスがポンプだという。ハハハ、冗談でしょう?

 詳しく話を聞くと、「ウォーターブロックからポンプを分離することで、小型PCでの取り付けが容易になるうえ、振動が軽減されるため静音にもつながる」という。

 確かに小型PCには大型の空冷クーラーが取り付けられないため、水冷に頼ることがある。その需要を見込んでポンプを分離させたのは理にかなっている。

 だからといって、ポンプの避難先がラジエーターの真ん中というのは、さすがに思い切りが良すぎる。なんだかヤケになって無理やり押し込んだ感が強い。だが担当者は「冷却性能にはほとんど影響しない」と言い切る。

ポンプはラジエーターを貫通しているうえに、わりとラジエーター内で占める面積が広い。冷却性能の低下が気になるところだ

 よく考えてみたらポンプのある場所は、冷却ファンの中心、つまりいちばん風が当たらない軸の部分。あながち担当者の言っていることは間違えではなさそうだ。

 また、ウォーターブロックの構造を簡略化したことで、固定金具の変更が容易になったという。これまでは金具の変更ができないのでインテル用とAMD用で別々に販売する必要があったが、金具を取り外せようになったことで、1つの製品であらゆるプロセッサーに対応できるようになるという。

ウォーターブロックの構造を簡略化したことで、固定金具の変更が容易になった。固定金具さえあれば、CPUだけでなくGPUに取り付けることもできる

 ヤケになって、ラジエーターにポンプを無理やり押し込んだ変態水冷かと思いきや、想像以上にメリットが多い構造のような気がしてきた。発売日と価格は未定だが、今後はこの構造が水冷のスタンダードになる日が来るかもしれない。

【関連サイト】

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう