週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

スマホじゃなかった! ファーウェイの2in1ノートPCを写真で見る

2016年02月22日 13時00分更新

 スペインで開催されるMWCに会期前の21日、ファーウェイは新製品発表会を行ない、同社の新製品「MateBook」を公開した。

MateBookをプレゼンテーションした、ファーウェイのCEO、リチャード・ユー氏

 MateBookは12型ディスプレーをタブレットとして使うこともできる、いわゆる“2 in 1”に属するノートPC。OSはWindows 10を搭載している。発表会のレポートはのちほど掲載する予定だが、まずは実機も展示されていたので、まずは写真を中心にお届けする。

これがノートPCの状態。見た目はSurface Proシリーズに似ている

防水のキーボードカバー(別売り)と分離したところ。ディスプレーはWindows 10 タブレットとして使用可能

右サイドにはボリュームキー、指紋認証センサー、そしてUSB Type Cの端子がある。左サイドは何もなく、スッキリ

上部にはスピーカーと左端に電源キーがある。下部にはキーボードカバーと接触させるための端子が装備されている

ロック解除には指紋認証が使える

データ転送だけでなく、充電にも使える最新のUSB Type Cが搭載

電源キー目立たない場所にある

MateBookを背面から。特筆すべき点はナシ

たたんでしまえば、コンパクトで持ち運びしやすくなる

カラバリはこのブラック含め2色

「Mate Dock」と名付けられた、こちらもオールインワンなアクセサリー

上下にはご覧のとおり、様々な端子がついている。ただのモバイルバッテリーではないのだ

別売りのアクセサリー、スタイラスペン

なんと2048段階の筆圧感知能力を備えているので、繊細なタッチにも対応できるだろう

先端は筆圧感知のセンサーがあり、末端にはレーザーポインター機能が搭載されている

価格も発表された。さすがに最上位モデルはそれなりの金額

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう