週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

LGが超薄型2.57mmの4K有機ELテレビを発表! HDRにも対応

2016年01月06日 14時34分更新

 現地時間6日、米ラスベガスで開催中の「CES 2016」において、LGがプレスカンファレンスを開催。超薄型の有機ELテレビ(OLED TV)などを発表した。

 目玉になったのは「LG SIGNATURE」と呼ばれる製品群。全体を通してエレガントかつシンプルなデザインを採用する。

 中でも新しいOLED TVは2.57mmという薄さを実現しながら、ハイダイナミックレンジ(HDR)コンテンツに対応。ドルビーのHDR技術である「DOLBY VISION」への対応を表明している。

薄さ2.47mm。画面はカーブしていない

薄さ2.47mm。画面はカーブしていない

500

実際に目の前で見るとこんな感じ

実際に目の前で見るとこんな感じ

サブウーファー内臓スピーカーを搭載、このデザインも凝っている

サブウーファー内臓スピーカーを搭載、このデザインも凝っている

「Ultra HD Premium」のロゴも取得

「Ultra HD Premium」のロゴも取得

「DOLBY VISION」をはじめ、Amazon VideoやYouTubeなどのHDRコンテンツに対応する

「DOLBY VISION」をはじめ、Amazon VideoやYouTubeなどのHDRコンテンツに対応する

 UHD Allianceが現地時間4日に発表した4Kクオリティーの認証制度「Ultra HD Premium」を取得しており、有機ELパネルの強みである高コントラストをアピールした。

「SUPER UHD TV」の最大モデル(98型)で8Kをリリースするようだ

「SUPER UHD TV」の最大モデル(98型)で8Kをリリースするようだ

 さらに同社は、2016年に8Kテレビを投入することも明らかにした。

ドアをノックすると中身が見える冷蔵庫。足元にセンサーがあり、人が近づくと自動でドアがオープンしたりする

 そのほか、LG SIGNATUREとして、ドアをノックすると中が見える冷蔵庫や、タッチセンサー搭載の洗濯機などを発表。家電のデザイン性を統一している。

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう