2018年01月12日11時00分

5万円強で組める!「Athlon 200GE」搭載PC自作は超オススメ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 コストとパフォーマンスを重視したおすすめ構成のマザーボードとPCケースを変更するだけで、小型PCを作ることもできる。組み立て難易度は大きくアップするが、コストアップは、わずか6000円なので狙い目だ。

小型PCオススメ構成
CPUAMD「Athlon 200GE」(2コア/4スレッド、定格3.2GHz)7000円前後
メモリーEssencore「IM48GU88N26-GIIHA2」(DDR4-2666 8GB×2)1万6000円前後
マザーボードMSI「B450I GAMING PLUS AC」(B450、Mini-ITX)1万4500円前後
SSDEssencore(KLeVV)「D480GAA-N500」(480GB、2.5インチ SATA3)8500円前後
PCケースRAIJINTEK「METIS PLUS」(Mini-ITXケース)5500円前後
電源ユニットサイズ「剛短3 プラグイン SPGT3-500P」5500円前後
総額5万7000円前後
Athlon200GE
B450チップセット採用のMini-ITXマザーボードのMSI「B450I GAMING PLUS AC」
Athlon200GE
マザーボード裏面になるが、M.2スロットも搭載だ
Athlon200GE
電源回路やチップセットに重厚なヒートシンクを装備。エアフローの限られるMini-ITXケースでも冷却効率を固めている
Athlon200GE
4K@60Hz出力をサポートするDisplayPortを装備。4K液晶との組み合わせもオッケーだ
Athlon200GE
コスパ抜群の定番Mini-ITXケースとなるRAIJINTEKの「METIS PLUS」。レッドのほか、ブラック、シルバー、ブルーなどカラバリ充実
Athlon200GE
側面パネルにはアクリルウィンドウを装備。リアには、LED内蔵ファンが標準搭載されている
Athlon200GE
マザーボードは倒立配置で、電源ユニットはフロント部に搭載する
Athlon200GE
トップには防塵メッシュを装備の吸排気口を装備。グラフィックスボード搭載時は吸気口になる形状だ
Athlon200GE
奥行きが123mmと短い電源ユニットのサイズ「剛短3 プラグイン」もポイントだ

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking