2018年11月02日16時00分

マイクロソフトがVR内での文字入力に関する特許取得

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 米マイクロソフトがVR内での文字入力について特許を取得したことが判明した。キーボードではなくモーションコントローラーやXboxのゲームパッドを使い、長く複雑なテキストでもスムーズに入力できるというものだ。

MS1102

 特許内での説明によれば、現在文字入力の主流となっているQWERTY配列のキーボードは、両手10本の指でのインプットに最適化されている。このためゲーム機器を使う場合や、VR/AR/MRといった環境では使いにくいとしている。そこでマイクロソフトが提案するのが、今回の特許のようなゲームパッドを用いたより直感的なテキスト入力方式だ。

 公開された特許が示すのは、ホイール型のインターフェース。同社のデバイス「Surface Dial」と少し似ている。文字は放射状に並んでおり、この配列は「ある文字の次にはどの文字がよく使われるか」ということを念頭に設定されているようだ。このデバイスによりVR内のテキスト入力がより直感的になることを望みたい。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking