2018年09月22日10時00分

米国では早くも5Gレースが始まった

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

iPhone発表の裏開催となったMWCアメリカ
iPhoneの影響力は弱くなったとしながらもeSIMは業界も注目

 もっとも5Gに沸いているのはMWCA会場の中だけ。一歩外に出ると、モバイル業界のニュースは、時を同じくしてロサンゼルスから600kmほど離れたApple本社で開かれた最新のiPhoneの発表会だった。初開催となった前回のMWCAもAppleのiPhone発表に重なった。MWCAを主催するGSMAにしてみれば、2年連続で話題をさらわれてしまった格好だ。

 5Gの端末は、”2019年前半”と語るLGなど、2019年第2四半期から第3四半期に登場すると見られている。iPhoneが5Gに対応することが消費者の5Gの受け入れ加速につながるのだろうか? あるオペレーターは「シェアの割には重要だが」としながら、iPhoneが何を搭載するかの影響力は以前より弱まっていると述べた。それでもeSIMには期待がかかるとしていた。


筆者紹介──末岡洋子

末岡洋子

フリーランスライター。アットマーク・アイティの記者を経てフリーに。欧州のICT事情に明るく、モバイルのほかオープンソースやデジタル規制動向などもウォッチしている

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking