2016年03月08日10時00分

「Surface Pro 4」はノートPC代わりに使いこなせるか

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

タブレットデバイスだと意識させるのは
本体と一緒に運搬しやすいSurface ペン

 ユーザーによっては、Surface ペンのおかげでマウスから解放されるかもしれない。Surface ペンは1024段階の筆圧検知での手書きメモだけではなく2つのボタンがあり、ひとつは右クリックボタンでペンの先端近くにある。次にトップボタン。これは1回押すとOneNoteの起動、2回押すとスクリーンショットの機能が割り振られている。

surfacepro4
単6乾電池駆動のSurface ペン。本体に付属する

 アプリケーションによっては異なる機能が割り振られることもあるが、クリックやドラッグといった操作をペン先で行ない、右クリックはボタンでといったことが可能だ。経験のあるユーザーもいると思うが、ペンを持ったまま電話をしながらキーボードを叩いているような感じで操作できる。また、都合のいい部分はタッチ操作で済むため、側面に用意された磁石を利用してSurface ペンを固定しておき、必要なときにペンを持つといった使い方もアリだ。

surfacepro4
磁石を利用して側面に取り付け可能
surfacepro4
アスペクト比が3対2のため、縦画面時にはPDF資料にメモを書き込みしやすいだけでなく、相手にも見せやすい(イメージさせやすい)
surfacepro4
ペンでのメモはとにかくラク

迷ったらCore i5モデルが無難な選択
タブレットというより2in1ノートと考えて使うと快適

 Surface Pro 4の購入を考えるとき、Core m3とCore i5、Core i7の3つからCPUを選ぶことになる。用途に応じて区別されており、以下のようなイメージになる。

  • Core m3モデル
    ウェブブラウズや動画、資料の表示、カンタンな書類作成向け。ゲームや動画編集といった作業には向かない
  • Core i5モデル
    オールラウンドにこなせるが、動画編集やゲームではスペック不足になることもある
  • Core i7モデル
    クリエイティブユーザー向けで、動画編集も想定されている。ただしメモリーは最大16GBなので、これ1台でなんでもというわけではない

 上記のとおり、ふだんの自分がどのような用途に使っているかかを想定して選ぶといいだろう。逆に用途が定まらず、そつなく何でもこなしてくれれば、と考えた場合はCore i5モデルを選ぶのが安心。それぞれのより詳細な性能比較についてはASCII.jpのベンチマーク記事を参照してほしい。

 単体としては高精細な大画面タブレットであり、タッチ操作もしくはペン操作前提なのだが、そういったことに特化されたアプリは少なく、現時点ではタイプ カバーを用意することで本来の使い勝手を引き出せる状態だ。繰り返しになるが、Surface Pro 4は現時点では別売りのタイプ カバーとセットで運用することで、ようやく「ノートPCっぽくも使える」デバイスになる。購入時にはタイプ カバー(+1万7712円~)の予算も考えておこう。

 逆に言うと、タイプ カバーがないと単に高性能なWindowsタブという、用途がどうにも定まらない製品だ。「高い処理性能を要求するタッチ(あるいはペン)操作」というシチュエーションが現状ではPCゲームにも動画編集にも当てはまらず、今後さらにユニバーサルアプリ化が進まないとタブレットとしての真価が見えてこない。

 日常利用ではタイプ カバーの着脱に慣れてくると自分に合った使い方が見えてくるとは思うのだが、ノートPCの更新にともないSurface Pro 4が気になっているのであれば、必ずタイプ カバーをセットで購入するのがオススメ。少しずつタブレットとノートPCの中間にあるSurface Pro 4に慣れていこう。



訂正とお詫び:初出時、Surface ペンのバッテリー表記に誤りがありました。正しくは単6電池駆動です。お詫びして訂正いたします。(2016年3月9日)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking