2014年08月09日14時00分

『カオスだもんね!』ソフトクリームの老舗メーカー日世でコーンの試食!?

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

これまでも、麦茶やラムネ、さらにはかき氷シロップなど夏の定番ドリンクなどをこの時期に紹介してきましたが、今回はこちらのキャラクターでお馴染みの夏の定番スイーツを取材してきたようです。

20140808saku


やってきたのはソフトクリームの老舗、日世の東京支店。

20140808saku


取材中でも隙あらばソフトクリームを買い食いするほど、ソフトクリームが大好きなミズグチさんは、この日の取材を楽しみにしていたそうです。

20140808saku


そんなふたりを出迎えてくれたのは、マーケティング部部長の茨田さん。

20140808saku


今年のような猛暑だとソフトクリームはバカ売れだと思いきや、あまりにも暑いとカキ氷にお客をとられてしまうそう。

20140808saku


なるほど、あまりにも暑すぎると逆に客足が遠のいてしまうんですね。でも言われてみるとたしかにそうかも。

そしてここでいきなり茨田さんからあるクイズが!

20140808saku


意外なコトに両者とも原材料や製法はほぼ同じ。

20140808saku


ではどこが違うのでしょうか?

20140808saku

なるほど、ソフトクリームとアイスクリームの違いは、“出来たて”か“運搬の為に急速冷凍したもの”の違いだったんですね。

さらに、日本では当たり前のように使われている“ソフトクリーム”という名前ですが、なんと日世の創業者さんが命名した和製英語とのことで、海外では通じないようです。

海外でソフトクリームと注文すると、単に“やわらかいクリーム”と受け取られ、ハンドクリームなどと間違われるようなのでご注意を。

20140808saku


ここで話題はソフトクリームの歴史に。まずはそのルーツですが……。

20140808saku
20140808saku


ええっ!あんなアメリカンな食べ物なのにそのルーツが中国というのは、なんか不思議な感じですね。でも、この時点だとまだその状態はミルクのアイスシャーベットといった感じだったのでしょうか?

20140808saku


そしてその氷菓の製法はシルクロードを辿りヨーロッパへ。

20140808saku


ここで新たにイタリアの菓子職人のアレンジが加わり、現在のアイスクリームに近いものになったそうです。

20140808saku

さらにこのアイスクリームがヨーロッパからアメリカへ。そしてそこで歴史をかえる重大な事件が発生!?

20140808saku


その事件は1904年にアメリカのセントルイスで開催された万博で起きたそうです。

20140808saku


事件が起きた日は、とにかくアイスクリームが馬鹿売れするほどの陽気だったそう。

20140808saku


そしてまさかの紙皿切れ!

20140808saku


そしてその重大事件はアイスクリーム屋ではなく、なんと隣のワッフル屋で発生!

20140808saku
20140808saku

「ナイス!ワッフル屋さん」という感じで、ここにソフトクリームとコーンの組み合わせが誕生!と、現在も続くソフトクリームの販売スタイルは、こんな偶然から生まれたのです。

さらには“作りたてを売りたい”という要望から生まれたのが……。

20140808saku
20140808saku


“オートマティック・ソフト・サーブマシン”が誕生!ついに、現在のソフトクリームの形になったようです。

では、そんなソフトクリームがいつ日本にやってきたのかというと……。

20140808saku


当時はまだまだ高級スイーツだったようです。

20140808saku


そして、ここからが今回取材させていただいている日世さんの話です。日世は創業当初は米兵相手の日本のお土産屋さんだったそうです。

20140808saku
20140808saku


そして、この米兵との交流からいち早くオートマティック・ソフト・サーブマシンの情報をキャッチ!

20140808saku


マシンを10台ほど購入し、デパートなどでソフトクリーム販売を開始したようです。

20140808saku


その売れ行きは徐々に上向くも、ほどなくしてある問題が……。

20140808saku


しかし、日世は“隣のワッフル屋”には頼らずに、なんと自社工場をつくりコーンの自社生産に踏み切ったそうです。

20140808saku


そしてその後、ソフトクリーム普及の影にはあの力道山が!?

20140808saku
20140808saku


当時の街頭テレビの集客力は本当にすごかったようですね。そしてその集客力に目を付けたお蕎麦屋さんが店内にテレビを設置!したのですが・・・・・・。

20140808saku
20140808saku


そして時は流れて1970年の大阪万博。

20140808saku


ソフトクリーム片手にパビリオンを巡るのが、大阪万博でのお洒落なスタイルだったようです。

20140808saku


そして、大阪万博の後は高度経済成長の波に乗って全国へ普及。

20140808saku


と、ここで話題は日世が自社生産しているコーンについてに。

20140808saku


因みに、このコーンという名称の由来ですが……。

20140808saku


こちらはおなじみのレギュラーコーン。やっぱりソフトクリームといえばコレですよね。

20140808saku


ちなみに底が平べったくなったこのコーンは、ジャイアントコーンというそうです。

20140808saku


続いてワッフルコーン。シャクライは大人になってから食べたオシャレなソフトクリームでこのワッフルコーンを知ったせいか、ワッフルコーンのほうが実は先に生まれたという事実は意外でした。

20140808saku


さらにその後も様々なコーンが誕生。

20140808saku


そして昨年発売されたばかりの新作コーンがこちらのクリスピーメープルコーン!なんか名前からして美味しそうです。

20140808saku


せっかくなのでひとつ試食させてもらうと……。

20140808saku
20140808saku

コーンだけでもそうとう美味しいようです。

と、日世のコーンの試食が済んだところで今回は終了。次回は日世のテストキッチンでつくりたてソフトクリームの試食だそうです。羨ましいなぁ。

20140808saku

ソフトクリームとアイスクリームの違いがわかるレポートは週刊アスキー8/5号(7月22日発売)の『カオスだもんね!PLUS』をチェック!

NISSEI(外部リンク)

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking