2013年12月05日19時00分

アップルストア表参道が出来るまで4:1Fはガラス張りでほぼ確実か|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Appleファンなら「アップルストア表参道が建設中」のウワサはご存じですね?この情報の発信元になったブログの中の人に以前、直撃インタビューしました(関連記事)。MacPeople編集部では、港区を拠点にオフィスビルの紹介やコンサルティングをしている不動産会社ジャパン・プロパティーズさんの協力のもと、建設現場の様子を観察していきます。

 第4回は11月下旬の調査。現場は大きく進展しています。

アップルストア表参道

アップルストア表参道 予定地はここだ!

 まず、敷地奥にあった頑強な鉄骨の壁からは、敷地全体に高さ10メートルの天井が大きく張り出して拡がっています。この構造のため、天井下は無柱となっており、体育館のような大きな空間になっています。

アップルストア表参道
アップルストア表参道

 敷地の道路側には、巨大なガラスの壁のようなものが設置され始めました。やはり、ニューヨークはFifth Avenueのアップルストアなどに似た透明感のあるデザインになりそうです。表参道の街なら、このオシャレな建物もマッチして新名所となりそうですね。

Fifth Avenueのアップルストア

アップルストア表参道

 敷地中央部には、地下部分への出入り口のようなものがありますが、このあたりに地下への出入り口が出来るのでしょうか。

アップルストア表参道

 建築概要のお知らせは以下の通りです。

2014年2月28日竣工予定
地上1階地下2階 高さ10メートル

アップルストア表参道

 冬景色になりつつある表参道。建設現場からは、熱い建設の槌音が聞こえています。引き続き、アップルストア表参道がオープンするまでウォッチしていきますのでお楽しみに!! これまでに追いかけてきた記録は、記事の最下部にリンクがあります。

アップルストア表参道 アップルストア表参道

 さて、MacPeople 1月号(11月29日発売)は、最新Apple製品をほぼ全網羅した購入&活用ガイド、12月に発売とされているMac Proの大解剖、Mavericksの細かすぎる変更点、Nike+ FuelBand SEをはじめとしたライフログガジェットなど、特集4本の大ボリュームです!

1月号はiPad mini/iPad Air超特大号
MacPeople201401
Amazonで購入は表紙をクリック

ジャパン・プロパティーズ
オフィス情報最前線(同社のブログ)

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking