2013年09月11日16時38分

iPhoneのLTEが国際ローミング対応に ソフトバンクが9月13日から開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ソフトバンクが国内の携帯事業者では初(同社調べ)となる国際ローミングのLTE(FDD-LTE)に対応。開始日は9月13日からで、まずは韓国/SK Telecomからスタートし、順次エリアは拡大予定。

 また、SK Telecomでは“海外パケットし放題”が適用される。
 ソフトバンクのFDD-LTE機と言えば、現状ではiPhone5、5s、5cとiPad、iPad miniのみ。AXGPのローミングにも期待したいところだ。

 以下リリース文。

国内携帯電話事業者初! LTE国際ローミングを開始
~まずは韓国からサービスを開始し、順次対象エリアを拡大予定~
2013年9月11日
ソフトバンクモバイル株式会社
ソフトバンクモバイル株式会社は、国内の携帯電話事業者として初めて※、海外でも高速通信サービスが利用可能なFDD-LTEネットワークによる国際ローミングを、2013年9月13日より提供開始します。まずは韓国(通信事業者:SK Telecom)でサービスを開始し、対象エリアを順次拡大していく予定です。
なお、SK Telecomでは「海外パケットし放題」がご利用いただけます。現在、114の国・地域で同サービスが利用可能で、通信料を気にせず定額でパケット通信がお楽しみいただけます。
[注]
※2013年9月11日時点。当社調べ。
LTE国際ローミングの概要
1. サービス開始時期
2013年9月13日
2. 利用可能な国・地域/通信事業者
韓国/SK Telecom
3. 利用方法
渡航先でFDD-LTE方式対応機種のネットワーク設定を対象通信事業者に設定することでご利用いただけます。
ソフトバンクモバイルは、今後もお客さまが海外でも快適に携帯電話をご利用いただけるようサービス拡充を図っていきます。
SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンク株式会社の登録商標または商標です。
その他、本プレスリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。また、プレスリリースにおける計画、目標などはさまざまなリスクおよび不確実な事実により、実際の結果が予測と異なる場合もあります。あらかじめご了承ください。

●関連サイト
ソフトバンク

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking