2012年06月04日14時00分

ソーシャル機能も!E3開催を前に、岩田社長がWii Uのコンセプトを紹介:E3 2012

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ロサンゼルスで開催されるE3 2012を前に、任天堂の岩田社長みずからがプレゼンテーションを行なう『Nintendo Direct Pre E3 2012』を同社ホームページで公開した。E3の開催される米西海岸時間では6月3日午後3時(日本時間の6月4日午前7時)という時間帯で、日本語および英語、そして字幕を加えて9カ国語で同時中継された。日本は早朝の時間帯となったが、日本語のUstream中継には1万人を超えるライブ視聴者が集まった。なおニコニコ生放送にも同時配信が行なわれている。

120604wii_U
Wii Uのコンセプトを紹介する任天堂の岩田社長。
120604wii_U
Wii Uは『ソーシャルウインドーを通して世界中のリビングルームをつなげるマシン』


 Pre E3というタイトルのとおり、この日のプレゼンテーションはE3の前哨戦。Wii後継機として投入される『Wii U』のコンセプトが紹介された。

 昨年E3で公開されたWii Uのコントローラーは、『Wii U GamePad』との正式名称を発表。GamePadの名称は、NES(日本ではファミコン)の発売時に、従来のゲーム機のジョイスティックに変わり初めて十字キーを採用したことで、自然にGamePadと呼ばれるようになった。その由来をもとに、今回もゲーム用のコントローラーで見た目がPad状であるということから、GamePadの名前を決定したという。

 コントローラーについては、昨年のE3以降に社内外の開発者から数多くのフィードバックを得て、細部の改良が行なわれている。アナログ入力のスライドパッド部分は、押し込み操作も可能なスティック形状に変更されたほか、各ボタンの配置も調整。背面にグリップを付けてコントローラーとして持ちやすくなっているようだ。

120604wii_U
昨年公開されたコントローラーと『Wii U GamePad』の違い。


 さらに、コントローラーにはNFCのリーダー/ライター機能を搭載。NFC内蔵のカードやフィギュアなどからデータを読み込んだり書き込んだりできるようになっている。加えて、テレビ用の赤外線リモコンを搭載。テレビ画面のON/OFFはもちろんチャンネルの変更などをWii U本体を起動することなく操作できる。

120604wii_U
NFCのリーダー/ライター機能を搭載。NFC内蔵のカードゲームやフィギュアとの連携も。
120604wii_U
テレビ自体の操作も『Wii U GamePad』から行なえる。
120604wii_U
マルチプラットフォームのタイトル向けには、Proコントローラーも用意される。


 Wii U GamePadのスクリーンは3DSと同様の2画面の可能性をコンソール機にも持ち込むもので、テレビ画面と別の内容を表示できるほか、ソフトウェアキーボード機能も備える。ブラウザーなどの文字画面は、大画面のテレビよりも手元のWii U GamePadのほうが見やすく使い分けが可能だ。このコントローラー側のスクリーンはリビングどうしをつなぐ“ソーシャルウインドー”としても活用される。

 Wiiでは、同じリビングルームにいる人がいっしょに楽しめるしくみがコンセプトとされたが、Wii Uではほかのリビングルームにいる人といっしょに遊ぶための機能を加えた。社内で『Miiわらわら』と呼ばれているというその画面は、プレイヤー自身のMii、家族のMii、友人のMii、そして同じゲームを遊んでいるほかのMiiを表示して全世界のMiiをつなぐ場所となる。Mii Universeからの造語として名付けられた『Miiverse』は、これからのニンテンドーネットワークの重要な柱となるネットワークサービスになるとのこと。

120604wii_U
『Mii わらわら』と呼ばれている画面。タイトルごとに、自身のMii、家族のMii、友人のMii、そして同じゲームを楽しんでいる世界中のMiiが集まる。
120604wii_U
ソーシャル・ウインドー化するスクリーン。ソフトウェアキーボード機能も搭載。


 MiiverseはWii Uのシステムに統合されているので、Wii U対応ゲームから簡単にアクセスができる。さらにつくり込みによって、ゲーム内にMiiverseの機能を取り込んだ遊びも提案できるとしている。これらゲームタイトルの紹介は、本番となるE3でのプレゼンテーションで明らかになる模様。またゲームのスクリーンショット撮影機能と投稿機能も用意される。こうした公の場では気になるネタバレ対策も盛り込むとのこと。

120604wii_U
ゲーム内でMiiverseを活用しているイメージ。


 またWii U発売と同時の開始とはならないものの、Miiverse自体はインターネット上のウェブサービスとして構築されているので、NINTENDO 3DSのブラウザーはもちろん、スマートフォン、そしてPCのブラウザーからも利用ができるようになる。Wii Uを起動していなくてもコミュニケーションを取ることができるという。Miiverseはハードウェアの世代を超えてつないでいくビジョンで、将来の任天堂ゲームプラットフォームでも採用されるとしている。

120604wii_U
現行の任天堂ゲームプラットフォームに加えて、将来のゲームプラットフォーム、そしてスマホやPCのブラウザでもコミュニケーションできる。


 現地時間6月5日に行われる任天堂のプレゼンテーションでは、Wii U向けに発売されるゲームタイトルにフォーカスして行なわれるとのこと。NINTENDO 3DSに関連したニュースはE3以降に機会をあらためて案内するという。

 なお、E3 2012で任天堂が行なうプレスカンファレンスも同様に、Nintendo Directでストリーミング中継が行なわれる。時間は現地ロサンゼルスで6月5日の午前9時からスタート。日本時間では、6月6日午前1時からの中継開始となる。

■関連サイト
『Nintendo Direct Pre E3 2012』

任天堂 E3 2012情報

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking