2011年09月15日13時08分

【IDF2011】注目のUltrabook基調講演でHaswellコア初お披露目!! IDF2日目レポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

●待望のUltrabook基調講演

 インテル開発者会議『Intel Developer Forum 2011』(IDF2011)の2日目は、インテル副社長のムーリー・エデン氏による基調講演がありました。

22nmプロセス初のCPU“Ivy Bridge”
IDF

 2012年に登場予定の第3世代コアiシリーズ“Ivy Bridge”の説明では、DirectX11対応の内蔵グラフィックスで従来よりも快適なゲームプレーや複数のHD動画を同時再生するデモムービーを流し、その性能をアピール。

ゲームもSandyBridgeより快適!? 20本のHD動画を同時再生できる高い処理性能
IDF IDF

 Ultrabookの紹介では、講演の檀上に置いてあった大型ノートPCをおもむろに持ち上げ、そのなかからUltrabookを取り出すといった演出で会場を沸かせました。

でかノートと思いきや…… なかからUltrabookが!
IDF IDF

 Ultrabookに採用されるIvy BridgeのTDPは17Wと現行ノートPC用CPU(TDP 35W)の約半分。パワーが必要な作業を行なうときはターボ技術で一時的に消費電力を上げて対応し、性能を犠牲にすることなく省電力を実現できていて、そのぶんバッテリー駆動時間も長くなるというわけですね。

TDPは現行ノートの約半分 休止状態からの高速起動機能を採用
IDF IDF

 また、Ultrabookの高速起動機能“Rapid Start Technology”のデモでは、休止状態から3.5秒ほどで復帰する様子を披露。スリープではなく休止なので電力消費はゼロ。この技術もバッテリーの節約に貢献します。

Windows8がUltrabookにインッ!!
IDF

 写真はイメージですが、講演の檀上にもWindows8を採用したUltarabookが展示されていました。スクリーンではスムーズに“タイル”を操るデモを実施。

Windows8採用Ultrabookで動作デモ
IDF

 ちょうど『Build Windows』をやってる最中なのであまり珍しくもなかったんですが、近い将来ノートPCはこうなる!的な意味合いでちょっとワクワクしました。

Windows8のログイン画面
IDF
 Windows8のログイン画面にムーリー・エデン氏。なぜかなかなかパスワードが合わず苦労する場面も。
Ivy Bridge採用UltrabookのODM版
IDF

 ODMメーカーがデザインしたUltrabook。昨日から会場に展示されてたやつですね。どれも薄型軽量ですけど、そうなると選ぶ決め手はやはりデザインになるんでしょうか。

タブレットにもWindows8
IDF

 タブレットでもWindows8機が登場。こちらは次世代Atom“Medfield”を採用したタブレットで、前日のAndroidへの IA(Intel Architecture)最適化の話と合わせて考えると、インテルはデバイスの種類を問わず、その端末のOSのパフォーマンスを最大に生かせるCPUをつくっていくという感じです。

Windows機でもThunderboltを!
IDF

 現在はアップル機でしか採用されていない高速インタフェース“Thunderbolt”ですが、WindowsのUltrabookでも将来的には採用する方向です。一応。

2013年の次世代CPU“Haswell”
IDF

 いまだベールに包まれているHaswellですが、ようやく実際のコアがお披露目されました。Sandy BridgeやIvy Bridge同様、細長いダイですね。

Haswellコア初お披露目!! Haswell動作デモの様子
IDF IDF

 基調講演を終えて思ったのは、1000ドル以下のUltrabook市場が盛り上がるほど、「買う側からすればどれも同じようなもんじゃん!」ってことになるのでは? ということ。そうなれば価格戦争に突入するか、薄さと軽さ、バッテリー駆動時間以外の勝負、たとえばデザインや独自ソフトなど、そのあたりが選択の重要なポイントになるかもしれませんね。

●ベンチマークセッション

 この日のもうひとつの目玉イベントであるベンチマークセッションでは、Sandy Bridge-Eの動作デモが行なわれました。実は純正水冷クーラーを装着した状態で中身を見ることが許されたのはこのタイミングが初めて。

純正簡易水冷クーラーで6コアを冷却
IDF

 デモは動画編集ソフト『Adobe Premiere Pro CS5.5』を使って、4K(4096×2160ドット)で撮影できる超高解像度ビデオカメラ『RED ONE』で撮影した動画を6コア12スレッド動作のSandy Bridge-Eでエンコードするといった内容。

Premiere Proで動画エンコード 動画エンコード中は12スレッドフル活用
IDF IDF

 こんなん見せられたらちょっと欲しいどころの騒ぎじゃなかったんですが、気になるのはお値段ですよね。純正水冷クーラーと合わせて6万円ぐらいなら……なんて思うんですが。

 Sandy Bridge-Eは年末までに登場予定。待ち遠しいですね!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking