2011年05月17日11時01分

世界が羨むiidaブランド初のデザインスマホ『INFOBAR A01』

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
INFOBAR A01

 『INFOBAR A01』は、根強いファンの多いシリーズ最新作。これまではフィーチャーフォンで発売されてきたが、今回はAndroidスマートフォンとしてリリースされる。外観・ソフトウェアのどちらも、ひと目で“INFOBAR”最新作だとわかるもので、とくに前面下部のタイルキーはデザイン意匠としてだけでなく、操作性にも寄与している。デザインを重視した端末ではあるが、日本独自機能のFelica、赤外線、ワンセグ機能も搭載されている。

前面 背面
INFOBAR A01 INFOBAR A01
上面 底面
INFOBAR A01 INFOBAR A01
右側面 左側面
INFOBAR A01 INFOBAR A01

 写真のモデルのカラーはNISHIKIGOI。このほかにKURO、HACCA、CHOCOMINTの3色が用意される。丸みを帯びてはいるが、フラット感も感じさせる独特の佇まいは健在。Android端末ではデザインとコスト両面からソフトウェアキーを採用しがちだが、本製品はあくまでも物理キーにこだわり、それがデザインのアクセントとなっている。

タイル状の独自ホーム 巻き取り式ACを用意 専用シリコンジャケ5色も選べる!
INFOBAR A01 INFOBAR A01 INFOBAR A01

 ホーム画面は2画面に分かれており、左側、右側ともに縦にスクロールする。左側はAndroid標準のホーム画面と変わりはないが、右側はタイル状にウィジェットが並べられた“INFOBAR”ならではの世界観となっている。

 まだオプションで巻き取り式ACアダプターと専用シリコンジャケットが発売される。デザイン端末を使うのならば、ACアダプターとジャケットも専用のものにこだわりたいところだ。

SPEC
OSAndroid2.3
CPUMSM8655(1.4GHz)
ディスプレー約3.7インチ(540×960ドット)
カメラ約805万画素
サイズ/重量約63(W)×11.8(D)×118(H)ミリ/約113グラム

 搭載機能:●おサイフ ●ワンセグ ●赤外線

コメント/INFOBARの代名詞的デザインであるタイルキーが美しい。試作機レベルでも十分所有感をそそられる品質を実現している。長く使いたくなるデザイン端末だけに、Felica、赤外線、ワンセグと機能面が充実しているのもうれしい。

INFOBAR A01
メーカー:シャープ
ブランド:iida
発売日:7月上旬
予想実売価格:3万円台
ブランドサイト

 

 そのほか夏の最新スマートフォン情報はこちらのまとめから↓

人気Android端末からBlackBerryまで
最新スマートフォンまとめ:キャリア夏モデルのすべて

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking