2015年04月17日19時15分

ローソンがドーナツを本格展開!あわせてカフェラテの値下げも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 各社参入で、コンビニドーナツ戦国時代が本格的になりました。

●ローソンをドーナツを本格的に展開

ローソン

 ローソンはカウンターフードとして“ドーナツ”を本格的に展開することを発表しました。現在約600店舗にのみ設置しているドーナツ専用什器を今年8月までに約8000店に拡大します。ローソンの店舗数が約1万弱(2015年3月)なので、全店舗の8割近くにドーナツが普及することになります。

 販売するドーナツの価格は基本的に100円。現在、サクッと食感の“オールドファッション”、もちもちの“モッチリング”など定番のドーナツと、店舗のフライヤーで揚げる“ハワイアンドーナツ”を含む6種類を販売中です。

ローソン ローソン
『オールドファッションドーナツチョコ』 『シュガードーナツ』
ローソン ローソン
『モッチリングいちご』 『モッチリングショコラ』
ローソン ローソン
『ハワイアンドーナツプレーン』 『ハワイアンドーナツチョコレート』

 ほかにも、『ハワイアンドーナツ はちみつレモン』、『ハワイアンドーナツ 北海道メロン』、『スパイシーカレーパン』、『ハバネロカレーパン』など続々と新商品を発表予定です。カレーパンは自宅で温め直してもカリッと食感が楽しめるように工夫がこらされています。

 

ローソン
『スパイシーカレーパン』(120円)


●4月28日よりカフェラテを180円→150円に値下げ

 ドーナツの本格展開に合わせて、ローソンのカウンターコーヒーシリーズ“マチカフェ”の『カフェラテ』を4月28日より値下げします。

ローソン

 それぞれ、カフェラテ(M)180円→150円、カフェラテ(L)210円→180円、アイスカフェラテ 180円→150円に値下げ。

 こだわり品質をうたっているマチカフェは、Mサイズのコーヒーが150円と他社コンビニより値段設定が従来やや高め。カフェラテに関していうと、この値下げによりファミリーマートのMサイズカフェラテ(150円)と並ぶことになります。低価格路線に踏み切るのではなく、同じタイミングでコーヒー豆をレインフォレスト・アライアンス認証を受けた農園産100%に、ミルクを北海道・岩手県産の生乳より仕上げたオリジナルのものリニューアルと、品質向上する点もアピールしました。

 昨今、原材料費、物流費の高騰といったあおりを受け外食産業の値上げラッシュが起こる中で“値下げ”というキーワードは、消費者にとってうれしいです。

 

ローソン
ローソン

 カフェ戦略の一環として、今後『パナマゲイシャ』や『ハワイ コナ』コーヒーも1杯400円にて数量限定で販売します。それぞれ、『パナマゲイシャ』が6月2日、『ハワイ コナ』が7月14日の発売です。『パナマゲイシャ』は世界のコーヒー生産量のうちわずか0.001%以下しか収穫できないという貴重なもので、同じくゲイシャ種の『パナマ アウロマール ゲイシャ』をスターバックスが販売した時、1杯約2000円という価格が話題になりました。400円はコンビニコーヒーとしては高額ですが、銘柄を考えれば納得です。

 ドーナツ専門店の客層は女性が多いそうですが、気軽に買えるコンビニのカウンターにドーナツが並ぶことによって、男性もドーナツを食べやすくなるでしょう。コンビニでの楽しみが増え、お客さんにとっては良いこと尽くしです。あ……、食べ過ぎによるカロリーオーバーには機をつけなきゃ。

■関連サイト
マチの健康ステーション LAWSON|ローソン

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!