2015年02月25日06時30分

腕時計として美しい iOSとAndroidどちらも使えるスマートウォッチFlyShark

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
fllyshark
スマートウォッチ「フライシャーク」(FlyShark)。約9400円で予約できる

 アップルウォッチが発売されるであろう4月にあてこんで、スマートウォッチの開発競争が進んでいる。クラウドファンディングで資金を集めているようなスタートアップにとっては追い込み期だ。

 そんなスタートアップの1つが開発している「フライシャーク」(FlyShark)は、iOSとAndroidどちらにも対応するスマートウォッチだ。希望小売価格は199ドルだが、キックスターターで79ドル(約9400円)から予約できる。出荷予定はもちろん今年4月。

 腕時計として美しいだけでなく、機能もなかなか優れている。

flyshark
microSIMスロットがあり、スマートウォッチだけで使える

 Bluetoothでスマホとつないで使うこともできれば、microSIMカードを入れればスマートウォッチだけでも使える。スマートウォッチから電話をかけたり、簡単なSMSを打つことができる。

 小さなカメラがついているので200万画素の写真を撮ることもできれば、歩数や心拍数のモニリングもできるようにもなっているそうだ。CPUはMTK6261A(260MHz)、ディスプレイ解像度は240×240ドット。Bluetooth 4.0にも対応する。

 ただし、アップルウォッチはもちろん、実用性に評価の高いペブル(Pebble)のように、フライシャークのライバルは多い。市場は発売前から大混戦の様相を呈している。

 ともあれ開けてみないと結果は分からない。4月まで今しばらくKickstarterを雑誌がわりにめくって待とう。

写真:Kickstarter

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking