2014年07月22日21時00分

MacのThunderboltポートをフル活用するマルチポート拡張ドック|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 前回に引き続き、「Macに合う周辺機器」ご紹介します。Macらしいインターフェースといえば、やはりThunderbolt。これに対応した拡張ドックです。

意外と使い道のないThunderbolt

 最近のMacは外部拡張ポートとしてThunderboltを搭載しています。データ転送速度が速く、DisplayPort接続のモニターもつなげられる優れたインターフェースなのですが、対応周辺機器がまだそれほど多くないこともあって、用途が限られています。

 そこで、ThunderboltポートにつないでUSB 3.0やFireWire 800などの各種インターフェースを利用可能にする製品が、この『Thunderdock』です。

140722_moro_Thunderbolt_04

ThunderDock
価格:3万円台後半(実勢)
問い合わせ先:デンノー

140722_moro_Thunderbolt_

 搭載するポート類は、Thunderbolt×2、USB 3.0×2、eSATA×2、FireWire 800——の4種類。このうち、Thunderboltの1つはMacとの接続に使用します。USB 3.0はいくつあっても足りないくらいだし、FireWire 800は旧資産を生かせます。eSATAは⋯⋯。うーん、あんまりいらないかな?

140722_moro_Thunderbolt_

 前回取り上げたストレージ機器とのサイズ比較です。ポータブルHDDよりひと回り大きい程度。MacBook Pro Retinaを小さくしたような角に丸みのある形状もいい感じです。ボディーの材質もMacBookシリーズと同じアルミニウム。

140722_moro_Thunderbolt_

 MacBook AirのThunderboltポートに「ThunderDock」をつなぎ、そこに各種ストレージをつないでみました。これだけの機器を一度につなげられるのはいいですね。ちなみに、右端の黒い直方体の物体は、ThunderDockのACアダプターです。もうちょっと小さいとよかったんですが。

 というわけで、価格はちょいとお高めですが、使い道のないThunderboltポートを生かしたいなら、買ってもいいと思います。ただ個人的には、eSATAよりもUSB 3.0のポートをもっと増やしてほしかったところです。


 さて、6月28日発売のMacPeople 8月号の特集ラインアップは、WWDCでベールを脱いだOS X YosemiteとiOS 8の新機能総ざらい、アップルの新プログラミング言語Swiftパーフェクトガイド、WordPressで作るレスポンシブウェブデザイン、Googleアナリティクス基礎講座──の4本です。電子版なら気になるキーワードで検索ができるほか、定期購読は紙よりも安くてお得ですよ!

MacPeople8月号はWWDC2014大特集
MacPeople2014年8月号
Amazonで購入は表紙をクリック


MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!