2014年05月21日21時00分

iPhotoのメール送信機能を「メール」に切り替えるターミナルコマンド|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 本連載では、Macの「ターミナル」アプリにdefaultsコマンドを入力して、OS Xの隠し設定を引き出す方法を紹介しています(関連記事はこちら)。

 アップルの写真管理アプリ「iPhoto」には、写真をメールに添付して送信する機能が装備されています。添付したい写真を選び、画面右下の「共有」ボタンをクリックして「メール」を選べば、メール送信画面が現れます。いちいちほかのメールアプリにタスクを切り替える必要がないので、活用している人も多いでしょう。

terminai_iphoto

 しかし、やっぱり普段使っているメールアプリから送信したい! という場合は、以下のとおりターミナルでdefaultsコマンドを実行しましょう。

defaults write com.apple.iPhoto EmailApp Mail  [enter]

terminai_iphoto

 写真の添付、および送信を「メール」アプリ(Apple Mail)に切り替えて実行できます。

terminai_iphoto
terminal_iphoto

 続いて、元に戻します。

defaults delete com.apple.iPhoto EmailApp  [enter]

terminai_iphoto

 iPhotoのメール機能では、送信時の背景デザインを「お祝い」や「コルクボード」などから選べますが、メールに切り替えると使えなくなりますので、その点はご了承ください。

terminai_iphoto

 ほかにも、「OS X Mavericks対応 defaultsコマンド活用術 I」では、OS Xの隠し設定を引き出すための必須コマンドを紹介しています。AmazonでKindle版が好評発売中です(外部サイト)。


 さて、MacPeople6月号(4月28日発売)では「ネットワークデータ管理のススメ」「Office&OneNoteで仕事効率化!!」「iPhone液晶保護ガラス強度比較」「Unity超入門」「App StoreにiOSアプリを公開するためのパスポート」──の5本の特集を掲載。じっくり楽める充実のコンテンツとなっています。

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!