2014年03月05日21時00分

OS Xのターミナルで唱えるおまじない「defaults」コマンド入門|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 Macのユーティリティーフォルダーにある「ターミナル」アプリ。存在は知っているけれど起動したことがない、起動したけれどわけがわからずすぐ閉じた、というMacユーザーも多いのではないでしょうか? そもそも、コマンドを使う意味がわからないという声も聞こえてきそうです。

terminal_itunes

 極端な言い方ですが、コマンドの意味がわからなくてもかまいません。効果がわかればいいのです。そして、その効果を知る最短距離にあるのが「defaults」、アプリの「ウラ設定」を有効にするコマンドです。

terminal_itunes

 まずは基礎中の基礎から話を始めてみましょう。「ターミナル」を起動し、「$」の後ろに四角いカーソルがあることを確認してください。これが、コマンド入力待ちの状態です。

 コマンドはキー入力が基本ですが、コピー&ペーストでもかまいません。今回はdefaultsコマンドの効果を知ることが目的ですから、以下の文字列をコピーし、ターミナルにタスクを切り替えペーストしてみましょう。

defaults write com.apple.iTunes high-contrast-mode-enable -bool true

terminal_itunes

 なお、ペーストしたあとには「enter」キーを押すことを忘れずに。「enter」キーを押すことで、入力作業の完了とコマンドの実行開始をMacに伝えるのです。すぐに新しいプロンプトが表示されますから、それでコマンドの効果が効いた状態になります。

 では、iTunesを起動してください。ふだんは背景色が白のはずですが、黒に変わっていますよね? iTunesの環境設定画面にそのような項目はありませんが、defaultsコマンドを使えば、このような隠し設定を引き出せるのです。

terminal_itunes
terminal_itunes

 ほかにも、Kindle本「OS X Mavericks対応 defaultsコマンド活用術 I」では、OS Xの隠し設定を引き出すための必須コマンドを紹介しています。AmazonでKindle版が好評発売中です(外部サイト)。

 さて、2月28日発売のMacPeople4月号では、Macintosh30周年特集第2弾として、Macintosh PortableやPowerBookなど歴代ノート型Macをたっぷり紹介しています。そのほか、2014年知っておきたい最新テクノロジー解説、Googleサービス使いこなし術、MacやiPhone/iOSのトラブル解決技など、じっくり楽しんでいただけること間違いなしです。

4月号はPortableと両Airが目印
MacPeople 4月号(2月28日発売)
Amazonで購入は表紙をクリック

 Macintosh 30周年特集の第1弾は、3月号(1月29日発売)。初代Macintoshのさまざな写真はもちろん、SE、SE/30、Color ClassicなどのコンパクトMac、Macintosh IIやIIci、IIsi、IIfx、LC475などのセパレート型Macを紹介していますので、ぜひセットでご購入ください。そのほか、超ド級スペックのMac Pro徹底解剖、iPhoneで操作できるデジタルガジェット大全、ブラウザーの超便利拡張機能などなど見逃せません!

3月号は初代Macと最新Mac Proが目印
MacPeople_2014_03
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp