2014年05月05日18時00分

新MacBookと一緒に使うならAirMacのどのモデルがいいの?|Mac

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

MacのWi-Fiは802.11acが標準の時代

 何の前触れもなく登場して、ビックリさせられちゃいましたね、新型MacBook Air。CPUが速くだっただけの地味なアップデートですが、お買い得度が上がったのは確か。買っちゃおうかなー、なんて考えている人も多いのではないでしょうか。

 新MacBook Airを含め、これからMacを買う人にぜひ知っておいてほしいことがあります。それはWi-Fi(無線LAN)についてです。すでに自宅にWi-Fi環境を構築している人も多いかと思いますが、新しいMacを買った場合、既存のWi-Fiルーター(アクセスポイント)では通信速度が十分に出ない可能性があるんです。

パソコンなどデジタル機器で採用されている無線LAN規格
140430_moro_1toku2

 MacBook Airを含め、主だった現行Macは「IEEE802.11ac」という無線LAN規格に対応しています。一方、Wi-Fiルーター側もこの規格に対応していないと、802.11b/g/nといったより低速な方式で通信することになります。つまり、本来ならもっと速く通信できるはずなのに、そのポテンシャルが生かされないわけです。

無線LAN規格の通信速度(理論値)
140430_moro_1toku2

 802.11acと同nの最大の通信速度(理論値)は上のグラフの通り。ご覧の通り、同じ規格でも内蔵するアンテナ(ストリーム)数によって最大速度が変わります。同じアンテナ数なら、802.11acのほうが3倍近く速いわけですね。実際にはそこまでの差はつきませんが、802.11acに対応しているMacを買うなら、Wi-Fiルーターも同規格に対応しているベターなのは確かです。

802.11ac非対応モデル
140430_moro_1toku2

 ただし、現行モデルでも一世代前の規格である802.11nにしか対応していない製品もあります。上の3製品です。802.11ac対応Wi-Fiルーターの導入の恩恵が得られるのは、MacBook Air、MacBook Pro Retina、iMac、Mac Pro——の4製品となります(2014年5月5日時点)。
 

AirMacシリーズの実力

 では、Macと一緒にWi-Fiルーターも買い替える場合、どのモデルを買ったらいいでしょうか? Macユーザーならもちろん、Apple製品と親和性の高いAirMacシリーズがお勧めです。では、「AirMac Extreme」「Time Capsule」「AirMac Express」──の3製品の中から、どれを選べばいいのでしょう。それでは、各モデルの特徴を見ていきましょう。

AirMac Extreme
140430_moro_1toku2

 AirMac Extremeは、2013年に発売されたこの縦長ボディーのモデルで802.11acに対応しました。3ストリーム対応なので最大速度で無線通信が可能です。また、3基のLANポート(ギガビット対応)を備えており、高速な有線LAN環境も構築できます。さらに、USBポートに外付けハードディスクを接続してNASとして使ったり、プリンターをLAN内で共有したりできます。

Time Capsule
140430_moro_1toku2_09

 Time Capsuleの外観はAirMac Extremeとまったく同じです。802.11acにも対応しており、機能的にもほぼ同じ。何が違うのかというと、3.5インチのハードディスクを内蔵していること。このハードディスクをNASとして使ったり、OS Xが備える「Time Machine」機能のバックアップ先として利用できるのです。

AirMac Express
140430_moro_1toku2

 AirMac Expressは、802.11acには非対応です。一世代前の802.11nまでしかサポートしていませんが、古いMacやiOSデバイスをつなぐのであればこのモデルで十分と言えます。また、オーディオ端子を備えており、ここにAV機器を接続すればMacの音を無線でオーディオから出力できます(AirPlay機能)。ただし価格が安い半面、LANポートが1基しかない、USBポートに接続できるのはプリンターのみといった機能制限があります。

 というわけで、皆さんもうおわかりですね。最新のMacBook Airと一緒に買うなら、802.11acに対応したAirMac ExtremeかTime Capsuleを買うのがお勧めです。

140428_moro_1toku

 さて、MacPeople 6月号の第1特集『ネットワークデータ管理のススメ』では、AirMacシリーズをこれから導入する人のための基礎知識や、上記のようなNASの運用ガイド、ようり高度にNASを使いこなすためのテクニックなどを、30ページ超の特大ボリュームで解説しています。

140428_moro_1toku

 そのほかの特集ラインアップは、Office for iOS & OneNote for Macの使い方、iPhoneを守る保護ガラスの選び方、いま熱いゲーム開発環境Unity入門、App Storeに自作アプリを登録する方法──など、ゴールデンウィーク中にじっくり読みたいコンテンツが満載です。

MacPeople6月号はAirMac Extremeが目印
MacPeople6月号
Amazonで購入は表紙をクリック

MacPeopleはNewsstandでも配信中
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円!

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking