2013年12月15日16時00分

iWatchは無線充電で来秋に登場?Apple噂まとめ(12/8〜12/14)|Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 国内外の噂系サイトやニュースサイトで12月8日から12月14日までに出回った噂をまとめました。Appleが開発していると噂されているスマートウォッチであるiWatchは、無線充電に対応し2014年10月に発売されるそうです。ウェアラブルデバイスの多くはバッテリーを充電しなければならないという手間がありましたが、iWatchは無線充電に対応することで使い勝手がどう変わるか注目ですね。

 発売が待ち遠しいMac Pro(Late 2013)ですが、法人見積もりが始まっているようで、今週あたりにXデーが到来しそうですね。

12/9 ユニマイクロンがApple AプロセッサーのIC基板を受注
EMSOne(外部サイト)によると、台湾ユニマイクロン社が、Apple Aプロセッサー用のIC基板の受注に成功したとのこと。Appleが2014年に発注する量の5〜10%を受注するそうです。これまでIC基板は、イビデン(株)と韓国セムコ社の2社が供給していましたが、この体制が崩れるようです。

12/10 北欧4カ国でiTunes Matchのサービスを開始
MacRumors(外部サイト)によると、フィンランド/デンマーク/ノルウェー/スウェーデンの北欧4カ国で、iTunes Matchサービスが始まるとのこと。これにより、iTunes Store以外で購入した音楽についてもクラウド上にバックアップできるようになり、複数のデバイスでの共有が可能になります。iTunes Matchのサービスを利用できる国はアップルのウェブサイトで確認できますが、すでに50カ国を超えてます(外部サイト)。米国では年額24.99ドルで利用可能です。日本ではいったいいつ始まるのでしょうか。

12/10 iPadのサプライヤーの業績が好調
EMSOne(外部サイト)によると、iPadのサプライヤーチェーンである、台湾のTPK社やラディアント社、コアトロニック社の業績が好転しているそうです。TPKはタッチパネル、ラディアント/コアトロニックはバックライドモジュールをAppleに供給しています。営業収益(売上高)はそれぞれ、前年比32.5%増、14.21%増、10%超増となっています。

12/10 アップルのサプライヤーが台湾最大手に
EMSOne(外部サイト)によると、Appleにフレキシブル基板を供給している台湾ZDT社が、同業種で台湾最大手になったそうです。営業収益(売上高)が、前月比4.08%増、前年同月比21.43%増の約265億円(77億8400万ニュー台湾ドル)になったとのこと。この結果2013年1~11月期の営業収益が前年同期比13.95%増の約1930億円(568億5300万ニュー台湾ドル)となり、約1885億円(554億1700万ニュー台湾ドル)の台湾ユニマイクロン社を抜いたそうです。

12/11 SugarSyncが米国で無料サービスを廃止
米シュガーシンク社(外部サイト)は、同名のクラウドストレージサービスの無料プランを2014年2月8日に廃止するそうです。5GBで90日間、60GB以上で30日間の無料トライアルは提供されます。また、日本国内で実施されている各種の5GBの無料サービスについては継続されるそうです(外部サイト)。自分のアカウントが米国版なのか日本版なのかは、ログインしたあとにプラン変更画面に表示される金額表記でわかるそうです。ドル建てになっている場合は米国版のアカウントなので、2月8日に有料プランに変更するか、データを引き上げる必要があります。

12/11 フォックスコンの11月の業績が絶好調
EMSOne(外部サイト)によると、台湾フォックスコン社の2013年11月の業績が絶好調とのこと。営業収益(売上高)は、前月比19.2%増、前年同月比18%増の約1兆5500円(4561億8600万ニュー台湾ドル)で、単月の最高を更新しています。iPhone5sの出荷効果が大きく貢献したようですね。

12/12 ドコモメールが12月17日からiPhoneで利用可能に
NTTドコモは、12月17日からIMAPのメールサービス「ドコモメール」をiPhoneに対応させるそうです(関連ページ)。従来のSPモードメールの置き換えになり、複数のデバイスからのメール送受信が可能になります。古くからの設計を増改築していたこともあり、操作性に対する評判が芳しくなかったSPモードメールからようやく解放されますね。ただし他キャリアとは異なり、「メール」アプリでの送受信のみとなり、自動受信は15分おきという仕様です。メールの受信をSMSでリアルタイムで知らせてくれるので実質はリアルタイムですが、二度手間なのでなんだか中途半端ですね。auのようなリアルタイム受信を可能にできないものでしょうか。

12/12 iOS/Android版のドラクエ8ではUnityで開発
(株)スクウェア・エニックスがiOS/Android版をリリースした「ドラゴンクエストVIII  空と海と大地と呪われし姫君」は、3Dゲーム開発環境のUnityが使われていることが明らかになりました。起動時に同社のロゴが表示されたあとに、Unityのロゴが表示されます。

12/12 Nexus 7の販売不調で出荷目標の達成が困難に
EMSOne(外部サイト)によると、台湾クアンタ・コンピュータ社が製造を請け負っているNexus 7の販売が不調で出荷目標が未達になるとのこと。同社の2013年の11月の営業収益(売上高)は年内で最高となったものの、前年同期よりは16.2%減少したそうです。

12/12 iPhone5cの影響でペガトロンの業績が伸び悩む
EMSOne(外部サイト)によると、台湾ペガトロン社の2013年11月の業績が不調とのこと。前月比では0.49%増と微増であるものの、前年同月比では3.82%減の約3075億円(904億3000万ニュー台湾ドル)となっています。同社は、iPad mini RetinaとiPhone5cの製造を請け負っていますが、iPhone5cの不調が響いたようです。

12/12 台湾の金属筐体メーカーもAppleの恩恵を受ける
EMSOne(外部サイト)によると、Appleに金属筐体を供給している、台湾のフォックスコン・テック社、ケーステック社、キャッチャー社の業績がいずれも好調だったそうです。アップルのサプライヤーチェーンでは、iPhone5cの製造に請け負っているペガトロン社以外は好調のようですね。

12/13 フォックスコンがiWatchの製造計画を進めている?
EMSOne(外部サイト)によると、台湾フォックスコン社は、ウェアラブル技術のベンチャーを育成するために基金を設立したとのこと。金額は、6.8億円(2億ニュー台湾ドル)です。Appleのスマートウオッチ「iWatch」の下準備という噂です。

12/13 サファイア基板メーカーの業績が好調
EMSOne(外部サイト)によると、サファイア基板を製造している台湾のCWT社、ACTC社、CAT社、プロクリスタル社、リジテック社の主要5社の営業収益(売上高)が前年同月比で6割以上も伸びているそうです。iPhone6は液晶面のカバーにサファイアガラスを使うと言われていますし、この業種の業績はさらに伸びるかもしれません。

12/14 iWatchは無線充電に対応して2014年10月に出荷へ
MacRumors(外部サイト)によると、Appleが開発中と噂されているスマートウォッチである「iWatch」は、無線充電に対応して2014年10月にリリースされるとのこと。プロトタイプのバッテリー容量は105mAhで、1mの距離から充電できるそうです。製品版ではバッテリー容量がアップして、3~4日の連続駆動を実現する目標だそうです。無線充電できるとはいえ、1週間持たないのはちょっと使い勝手悪いかもですね。

12/14 グーグルがARMベースのプロセッサーを開発か
ブルームバーグ(外部サイト)によると、米グーグル社がARMベースの独自プロセッサーの開発を検討しているとのこと。Android用のプロセッサーではなく、自社のデータセンターで使うサーバー向けらしいです。ハードとソフトの両方を手がけることでパフォーマンスを最適化できることは、AppleがiOSデバイスで証明していますし、サーバー用途を足がかりにAndroid向けも開発したりして。

12/14 Mac Proの法人見積もりが始まっている
MacRumors(外部サイト)によると、Mac Pro(Late 2013)についてAppleのビジネスチームが法人顧客に対して見積もりを提示しているとのこと。これまでの噂から12月16日の週に発売されると考えられますが、発売が始まるのか受注が始まるだけなのか現在ところは不明です。

12/14 iOS 7.1beta2を配布
9 to 5 Mac(外部サイト)によると、Appleは開発者向けにiOS 7.1beta2を配布したとのこと。主な変更点は、TouchIDとパスコードの設定項目を独立させたほか、iPad用の新しい壁紙が追加されています。そのほか、UIや画面効果に手が加えられています。「iOS in the Car」機能に関する項目も加わっているようです。

 さて、好評発売中のMac People 1月号では、iPad mini RetnaやiPad Air、Haswell搭載のMacBook Pro Retinaなど、Appleの魅力的な新製品について、あますところなく解説しています。Mac Proの技術面をディープに解説した第2特集、Mavericksの細かすぎるテクニックや新デザインなどがわかる第3特集、Nike FuelBand SEをはじめとするiPhoneで使えるライフログガジェットやApple M7対応アプリを集めた第4特集など、とにかく盛りだくさんです。

1月号はiPad mini/iPad Air超特大号
MacPeople201401
Amazonで購入は表紙をクリック

【MacPeopleデジタル版をNewsstandでも配信中!】
1ヵ月の定期購読なら最新号が600円で読めます

Newsstand 電子雑誌をダウンロード

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!