2013年11月19日17時30分

iPhoneの動きが遅いときにチェックしたい8つのこと—iOS7編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 iPhoneの処理や、アプリの動きが鈍いと感じたら、以下の方法を試してみましょう。また、Safariを使っていてネットが遅い(重い)なと感じたら、関連記事『iPhoneのネットが重いときでもすぐにSafariで表示させる方法』、『iPhoneでWiFiが遅い、接続できない(繋がらない)ときに試すこと』もあわせてチェックしてみてください。

Safariの「遅い!」

①履歴をリセットする

設定メニューから操作する
設定メニューから操作する
「設定」アプリ→「Safari」→「履歴を消去」をタップします。確認のダイアログが表示されるので、「履歴を消去」を選択します

②Wi-Fiの自動検索をオフにする

自動接続の動作をシャットアウト
自動接続の動作をシャットアウト
「設定」アプリ→「Wi-Fi」→「接続を確認」でボタンをタップして「オフ」にします。自動接続に使われていたiPhoneの処理機能を、ほかの動作で使えるようになります

文字入力中の「遅い!」

①使わないキーボードを非表示にする

キーボードの切り替えも楽チンに
キーボードの切り替えも楽チンに
「設定」アプリ→「一般」→「キーボード」→「キーボード」を開きます。利用頻度の少ないキーボードは、項目を左側にスワイプして削除しましょう。文字入力の処理が向上するほか、キーボードの切り替えも手早くなります。なお、キーボードは削除しても下部メニューの「新しいキーボードを追加」で再登録できます

②予測変換や自動修正機能をオフにする

文字入力時の自動機能をすべてオフ!
文字入力時の自動機能をすべてオフ!
「設定」アプリ→「一般」→「キーボード」で、各種メニューが一覧表示されます。英文を入力する機会が少なければ、「自動大文字入力」「自動修正」「スペルチェック」「Caps Lockの使用」「ピリオドの簡易入力」をオフにしましょう

なんだかよくわからないけど「遅い!」

①アプリを終了させる

使っていないアプリはこまめに終了
使っていないアプリはこまめに終了
ホーム画面でホームボタンを連続で2回押すと、図の画面に切り替わります。使っていないアプリは、プレビュー画像を下から上にスワイプさせて終了させましょう。なお、プレビュー画像は最大3つまで同時にスワイプ可能です

②透過機能・視差効果を無効にする

アクセシビリティで一括設定
アクセシビリティで一括設定
「設定」アプリ→「一般」→「アクセシビリティ」を開きます。「コントラストを上げる」、「視差効果を減らす」の各メニューをタップして、機能をオンに切り替えます
コントラストのオン/オフを確認
コントラストのオン/オフを確認
コントラストは透過させる効果のことです。ドックにも使われており、背景の壁紙をぼんやりと映し出しています。視差効果は、画像などを見る際、iPhone本体を斜めにすると画像に奥行きが出る仕組みのことを指します

③空き容量を確保する

容量を占めているアプリを調べて削除
容量を占めているアプリを調べて削除
「設定」アプリ→「一般」→「使用状況」を開きます。画面中段の「すべてのAppを表示」タップすると、iPhoneにインストールしているアプリが一覧表示されます。各アプリ名の右側にある数字はアプリの容量を示します。使っていないアプリで容量が大きいものがあれば、タイトルをタップして現れる画面で「Appを削除」をタップしてください

④iPhoneを再起動する

定期的に再起動しよう
定期的に再起動
電源ボタンを長押しして、「スライドで電源オフ」の文字列を右側にスワイプします。その後、電源ボタンを長押ししてiPhoneの電源を入れ直します

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp