2013年10月30日12時00分

USBスティック型WiFiルーターにLTE対応版がついに登場 日本発売熱望!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 外出中、いつでもどこでも使えるWiFiルーター。最近のWiFiルーターはバッテリー容量も大型化して長時間利用も可能になっています。でもバッテリーが空になったら使えませんよね。今回紹介するアルカテルの『ONE TOUCH LINK W800』は、その問題を解決できちゃう便利なUSBタイプのWiFiルーターなのです。しかもLTEに対応しており高速通信もバリバリ可能!

アルカテルもメジャーブランドになってきました
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 USBモデムやWiFiルーターといえばファーウェイやZTEが有名です。アルカテルは最近ヨーロッパを中心にスマートフォンを多数リリースしていますが、LTE対応製品でモバイルブロードバンド端末市場にも進出を始めました。このW800はそのなかでもなかなか面白い製品なのです。

形状はUSBモデム、LTE対応が大きなポイント
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 形状はUSBモデムそのもの。ですがこのなかにWiFiルーター機能も内蔵しちゃっているんですよ。実は3G対応のUSB型WiFiルーターはすでにファーウェイやZTEが販売しています。以前もメルボルンでZTEの『MF70』という製品を買ったことがあります。ですがいまやLTE全盛の時代。アルカテルが先駆けてLTE対応の製品を出してきたというわけです。ちなみにMF70の記事はこちら。

12月が夏真っ盛りなメルボルンでモバイル徒然日記by山根博士

SIMを入れるだけでセットはOKね
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 パッケージのなかには説明書が入っていますが特に使い方が難しいことはなく、USBモデムやWiFiルーターを使ったことがある人なら説明書を読む必要もないでしょう。標準サイズ(ミニ)のSIMを入れたらセットは完了。

電源はお好きなものをどうぞ
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 あとは市販の外部バッテリーのUSBポートに挿して給電を始めれば準備完了。このように市販の電源が使えるので、荷物をコンパクトにしたいときは小型のもの、外出時間が長いときは大型のバッテリー、のように自分の好みで給電元の電源を選べるわけです。

もちろんノートPCのUSBポートからも給電可能
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 そしてUSBタイプの本製品の大きなメリットは、ノートPCのUSBポートに挿してそこから給電できること。この状態でW800はWiFiルーターとして働きますから、ノートPCにドライバーをインストールする必要もありません(挿すとインストールされるけど、中止しても問題なし)。一般的なWiFiルーターは内蔵バッテリーが空になったらバッテリーを充電しなくてはなりませんが、W800はそばにノートPCがあればそれすら不要なわけです。

赤いLTEが点灯すればLTE接続開始
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 外部バッテリーなりノートPCにW800を装着してしばらくすると、インジケーターライトが赤く光ります。説明書によるとこの状態でLTEに接続中とのこと。あっけなく高速データ通信が可能になりました。なお今回購入したものはLTE1800/2600MHzに対応しています。

管理画面で確認や設定が可能
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 スマートフォンやノートPCからW800にWiFi接続し、ブラウザーで“192.168.1.1”を開けば他社のルーター同様管理画面となります。ここで接続状態などを確認可能。今回利用したSIMは自動的にAPN設定がされたのですが、もちろん手動でのAPN追加・編集も行なえます。

問題は持ち運びにくいことかな
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 このように外部バッテリーあり、なしどちらでも使えるアルカテルW800はとても便利なのですが、問題がひとつありました。それは外部バッテリーに装着すると収まりが悪く、カバンのなかに気軽に入れられないこと。W800を伸ばした状態でカバンのなかに入れておけばよさそうですが、手ぶらで出かけたいときなどそれもちょっと不便です。

ジャストフィットな純正バッテリーがありましたよ
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 そのあたりちゃんとアルカテルは考えていました! W800にぴったりな純正の外部バッテリーも販売しているんです。容量は5200mAhと、外部バッテリーとしては十分使えるサイズです。

バッテリー常備のUSBポートにW800を装着
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 このバッテリー、本体の上部にUSBポートを備えています。W800をここに挿せば、折り曲げてぴったりと装着することができるわけですね。

美しき一体感! これで持ち運びも楽々
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 さすが専用品だけあって、このように一体化させると元々それぞれが分離していたとは思えないデザインになります。この状態であればポケットに入れて持ち運ぶことも苦にならないでしょう。

もちろんスマートフォンの充電も可能
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター
バッテリー残量の確認もできる
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 外部バッテリー単体ではスマートフォンの充電ももちろん行なえます。側面のボタンを押せば残量確認も可能。適当なバッテリーではなくちゃんと単体で使うことも考えられているのがナイスですねえ。

日本でも出して欲しいぞ
使い方自由自在! LTE対応のUSBルーター

 WiFiルーターって「今日はぜったいにお世話になるぞ!」なんて日に限って充電を忘れてしまって外出先で使えなかった、なんてこともよくあります。また出先で1~2時間程度利用するなら、W800本体だけを持ち出せばバッテリー部分がありませんからカバンの重量を減らすこともできます。1台2役的な利用ができるアルカテルW800。日本のLTEの通信方式に対応させて発売してほしいものですねぇ。もちろん海外旅行や出張時にも持っていくと便利ですよ。

●関連サイト
【モバイルルーター】Alcatel ONE TOUCH LINK W800

※著者および編集部は、技術基準適合証明(技適)を受けていない通信機器の利用を勧めるものではございません。通信機器は各国の法律に基づいて利用してください。各国の法律に反して利用しても、著者および編集部は一切責任を負いません。

山根康宏さんのオフィシャルサイト
香港携帯情報局

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!