2011年03月07日11時00分

【Androidアプリ】スマホカメラで空や街並みを定点撮影する『Time-Lapse』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

time-lapse

『Time-Lapse』
バージョン:1.3
Android Market価格:無料
(バージョンと価格は記事掲載時のものです)

 コマ送りで定点撮影をする微速度撮影をデジカメで行なおうと思うと、長時間延々とシャッターを切り続けねばならず、作業が大変。だが、『Time-Lapse』を使えば、一定間隔でシャッターを押し続けてくれるので、手間なく微速度撮影ができてしまう。

time-lapse

  起動するとまず設定画面が出てくるので、撮影間隔と再生フレームレートを決めよう。撮影間隔は1~60秒、あるいは1~60分内で細かく設定でき、画質は176×144~2560×1920ドットまで17種類から選択可能。

 観測用途なら低画質で十分だし、風景などを撮影する場合はある程度高画質にしたいところだが、最低画質設定で1秒間隔に設定しても画像の保存が終わるまでは次の撮影が行なわれないので、実際は最速で10秒~15秒間隔となる(au IS06で測定)。

time-lapse

 “Start!”ボタンで撮影開始。設定した間隔で写真が撮影されるので、あとはそのまま放置しておこう。“Stop!”をタップすればいつでも撮影は終了できる。

time-lapse time-lapse

  撮影した写真は自動的にmov形式で保存され、“Upload”ボタンからYouTube等にアップロード可能だ。

 端末によっては暗くなると自動的に感度を上げて明るく撮影してしまうので、太陽が落ちるまでの街の様子を撮影するといった用途には向かないかもしれない。ただ、日中の雲が流れていく景色や、庭を訪れる動物の様子を撮影したり、コマ撮りアニメ風にプラモデルの制作過程を撮り続けてみたりすると、おもしろい動画になるよ!

スマホの”神カメラアプリ”を教えて下さい!
写真・動画撮影、加工、保存機能を備えたiPhone&Androidカメラアプリを3月上旬まで連続レビュー中! 週アスの公式ツイッター【 @weeklyascii 】をフォローし、ハッシュタグ【 #wamcam 】を付け、みなさんが「これぞ神カメラアプリ!」と思うものを投稿して下さい。人気のあったアプリは、週刊アスキー4月19日号の特集記事でご紹介します! 抽選でプレゼントもあります(詳しくはコチラ)。

投稿例
@weeklyascii ほげほげが神。無料だし動画から静止画の切り出しができるから #wamcam

『Time-Lapse』
Android Market価格:無料
(価格は記事掲載時のものです)
(c) Sheado.net
・ダウンロードはコチラをクリック

time-lapse

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

3,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

10,380円〜

11人が購入

Amazon.co.jp