週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

Windows 11 Insider Preview、年内最後のアップデートが公開!新しい試みも登場

2022年12月23日 12時00分更新

Windows 11リリース版の検索ボックス

 12月14日、Windows 11 Insider Preview Build 25267がDevチャネルにリリースされた。年内最後のDevチャネルへのリリースとなる。細かい不具合の修正がほとんどだが、タスクバーの検索ボックスの新しい試みがInsider Previewユーザーすべてに公開されている。

クリックすると検索画面が表示される

 現在、通常のWindows 11では、タスクバーにある検索ボックスをクリックすると、検索画面が表示される。テキストを入力しても、検索画面側に入力されるので、検索ボックスのような見た目はただのデザイン。大きなボタンのようなものだ。

検索ボックスをクリックすると検索画面が開く

 最新のWindows 11 Insider Previewでは、検索ボックスをクリックすると、まず右側に灯台や蠟燭台などのイラストが表示され、検索画面が表示される。しかし、検索画面側にはテキスト入力部分がなく、検索ボックスにそのまま入力できる。もちろん、従来通り、インクリメンタルサーチで絞り込まれていく。

検索ボックスに直接入力できる

 この動作は「設定」の「個人用設定」→「タスクバー」→「タスクバー項目」で変更できる。これまでは「検索」のスイッチをオンオフするだけだったが、Windows 11 Insider Preview Build 25267では、プルダウンメニューになっており、「非表示」と直接入力が行える「検索ボックス」が選べる。

 さらに、検索画面が表示される「検索ボタン」と「検索アイコンのみ」も用意されており、「検索ボタン」は従来と同様の動作をする。「検索アイコンのみ」は「検索ボックス」が表示されるものの、クリックするとボックスが消えて、検索画面が表示される。ちょっとこの2パターンを用意する意味がわからないが、これはInsider PreviewもしかもDevチャネルなので、正式版になるまでには整理されるだろう。

Windows 11リリース版の設定画面

Insider Preview Build 25267(Devチャネル)の設定画面

 Windows 11 Insider Preview Build 25267はISOファイルもリリースされているので、クリーンインストールすることも可能。ダウンロードサイト(https://aka.ms/wipISO)からエディションや言語を選択すればダウンロードできる。

Windowsセキュリティのダイアログが修正された。画面はWindows Insiderブログより

 ほかには、Windowsセキュリティでファイアウォールの通知ダイアログをWindows 11のビジュアルに合わせたり、細かい問題の修正などが行われている。

 

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう