週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ダイ大コラボ、待ってました!

熱い展開てんこ盛り!「Zenfone 9」と歩むダイの大冒険コラボ【『DQウォーク』プレイ日記#18】

2022年12月02日 11時00分更新

じつに2020年11月以来の「ダイの大冒険」コラボが開催! 第1弾装備のぶき錬成とか来てくれないかなぁ

 スクウェア・エニックスが運営中のスマホ向け位置情報ゲーム『ドラゴンクエストウォーク』(以下、DQウォーク)を題材としたプレイ日記を、毎週金曜日に継続してお届けする連載企画第18回。

 今回は、2022年12月1日から開催中の「ダイの大冒険イベント -竜(ドラゴン)の騎士編-」の概要を掲載。また、ASUS製スマホ「Zenfone 9」を使ってプレイした際の快適度についてもお届けする。イベント全体の期間は、2023年1月17日14時59分までだ。

ついに来た「ダイの大冒険」コラボイベント第2弾!

 待ちわびていたファンも多いであろう「ダイの大冒険」とのコラボレーション第2弾がいよいよ開催! 本イベントのお知らせを見たとき、筆者はリアルに「うぉぉぉぉ!」と声が出てしまうほど嬉しかった。というわけで今回のコラボの概要を紹介していこう。

竜の紋章が輝くとき真の力が解放される!

■物語は「竜(ドラゴン)の騎士編」

 原作ファンなら聞くだけで胸熱な「竜の騎士編」、いわゆるバラン編の物語が描かれる。2年前の第1弾は「アバンの使徒編」で、フレイザードとの戦いあたりまでが描かれた。今回はその続きとなる。

今回のイベントはクエストを受注する形式ではなく、フィールドに出てくるキャラクターや敵を指定回数タップすることで進行。1日1回ふくびき券をくれるレオナ姫のアイコンも

第1章は6話分が公開されており、第2章は2022年12月8日公開。全5章で今回の物語は綴られるようだ

■イベントミッションと絆ミッションの2本立て

 物語を進めるには、イベントページで指定された条件を達成する必要がある。また、並行して「助っ人」の絆ミッションも進めていく必要があるのが、少々ややこしい。

 イベントミッションを達成してからイベントページを開くと、物語が進行。歩きスマホは危険なので、道の壁際などに寄って立ち止まってから物語を読み進めよう。

イベントミッション画面。第1章1話は、「ポップおよびメルルに1回ずつ話しかける」と進行する

 いっぽう、絆ミッションはお題を達成すると自動で絆Lvがアップ。いくつかLvが上がると特別な会話が発生する。絆Lv3/8/15/20で会話が自動発生するため、散歩中は見逃しがちな仕様だが、「キャラストーリー」というページから読み直せるのでご安心を。

絆ミッション画面。絆Lv1のお題は「まものを10匹倒す」こと。そのほか、絆ミッションスポットのまものを倒す、2000歩あるくなどのお題が確認されている

ポップとのLv8キャラストーリー。いろいろな呪文を覚えて以前より強くなったことをアピールするポップだが、トベルーラ(飛翔呪文)の着地に失敗して……

絆Lv報酬は、Lv10/15/20でポップのこころが、Lv27でキャラクターの像が、Lv30で称号テキストが手に入る。最低限、Lv20を目指したいところだ

■復刻メガモン&強敵は純粋にありがたし!

 現在、魔王ハドラーとフレイザードのメガモンスターが復刻で登場しているほか、強敵にもバロン版キラーマシン、アバン(ドラゴラム)、ヒュンケル、クロコダインが復刻登場中。じつは前回のコラボの際に運が悪かったのか、こころSまで到達していないものばかりなので、この際にがんばってSを目指そうと思う。

魔王ハドラーの推奨レベルは「上級職50」。イオナズンなどが強力だが、特級職になれるようなプレイヤーであればソロでも倒せる強さだった

復刻強敵は討伐報酬がこころとゴールドとなっている。新強敵ラーハルトのこころに目処がつき次第、進めていこう

CMを再生してふくびきや報酬をゲットする新機能が追加

 今回のアップデートから、異世界情報(CM視聴機能)が実装。1日1回限定でCMを見ることにより、ふくびきを引ける新機能だ。

 Vol.1のラインナップは、オーシャンウィップ/ガイアのつるぎ/さとりのつえ/バロックエッジ/メタスラのオノ(と、それに付随する防具)になっている。

毎日15時に更新されるので、忘れず引いておこう。なお、初日のお試し引きの結果はカイトバックラーだった

 散歩中、「異世界の石板」を発見してCMを再生すると、マイレージやゴールド、心珠ポイントなどの報酬が獲得できるように。繰り返しになるが歩きながらCMを見るのは危険なので、道の端に寄ってから再生しよう。

石板を拾った際の画面。「OK」を押すとほかのゲームアプリのCMが開始する

ウォークモードのオプションの最下部に、「異世界の石板を自動でひろう」のオンオフが追加された。外でCMを見るのが煩わしいという人は、オプションをオフにしておくといいだろう

 1ヵ月半ほどに渡って続く今回の「ダイの大冒険」イベント。ファンとしては大いに盛り上げていきたいところだ。

 差し当たってはふくびきで「鎧の魔槍」を当てて、命を削る大技グランドクルスを叫びながら使ってみたいが、果たして当てられるのか……。そこは来週の更新を楽しみにしてもらいたい。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう