週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ヒマワリの咲く新宿中央公園の夏、3年ぶりにイブニングバーが復活!

2022年08月02日 18時00分更新

 皆さん、こんにちは。新宿中央公園管理事務所の「みーちゃん」です。

 暑さが続いたと思ったら、雨が降り心地よい風が吹くときもあり、天気が目まぐるしいですが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 日の当たる場所は、日差しが強く汗が噴き出してきますが、「区民の森」の木々の下にたたずむと、セミの大合唱に包まれ、涼しい風が通り抜けてゆきます。この空間にいると、夏だなぁと感じます。

区民の森の様子(撮影7月21日)

 見上げてみると、いたるところにセミの抜け殻が。随分と高い場所まで、登ったようです。小さい体で、高いところまで登っていてすごいですね。私は疲れてしまいそうです。

ケヤキの幹にとまっているセミの抜け殻(撮影7月21日)

 セミといえば、種類によって鳴く時間が違うのはご存じでしょうか。よ~く耳を澄ましてみると、朝と夕方では鳴いているセミの種類が違います。皆さんも、耳を澄ましてみてはいかがですか。

 ところで、みなさんは夏の風物詩として何を思い浮かべますか?

 「お祭り、花火、スイカ・・・」と、いろいろ思い浮かんだら止まらない! という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、夏の風物詩の一つ、「ヒマワリ」についてお話します。

 ヒマワリって、実はいろいろな種類があるのをご存じでしょうか?

 今年の新宿中央公園には、ゴッホやビンセント、コンサートベル、サンフィニティー、など6種類のヒマワリを植えています。園内のこれらのヒマワリを「新宿中央公園の魅力再発見!」のセルフリーフレットにまとめました。

「新宿中央公園の魅力再発見!」セルフリーフレット

 それぞれ個性があり、おもしろいです。

園内掲示板ラック(管理事務所前で撮影)

 セルフリーフレットは、園内の掲示板ラックにて配布中です。お時間があるときにでも、このセルフリーフレットをもってヒマワリ散策をしてみてください! 日差しが暑いので熱中症には気を付けてくださいね。

 さて、話は変わりますが、新宿中央公園で3年ぶりにイブニングバーを開催しています。

イブニングバー初日の様子

 今年は、新宿副都心の夜景を見渡せる「眺望のもり」が舞台です。水や緑などの自然に囲まれながら、お友達や家族とお酒を楽しむ週末を過ごすのはいかがですか。開放的な空間で、普段より話も弾んでしまうかもしれないですね。

イベント名:水と緑のEvening Bar!!!
場所:新宿中央公園 眺望のもり 白糸の滝周辺
期間:令和4年7月22日(金)~8月13日(土)の金曜・土曜のみ
時間:16時~21時(ラストオーダー20時30分)※雨天中止 ※席の予約はできません 問い合わせ:新宿中央公園管理事務所 03-3342-4509

 公園HPの「公園だより」やInstagramでも公園内の季節のお花など、いろんな公園の情報を紹介中です。ぜひこちらもご覧ください。

 ※過去の連載記事はこちら:新宿中央公園 季節の足音

文/新宿中央公園じゃぶじゃぶ四人組

20~50代の樹木を愛する三人組+みーちゃんの四人組。新宿中央公園で行なわれるイベントの運営のほか、公園を利用される方をお出迎えする仕事をしています。全員、猫とカメが好きで、とりわけ公園の白糸の滝にいるカメさん達の動向を温かく見守っています。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう