週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2022」ピッチレポート

お祈りメールが内定キップに変わる 次代を創造するスタートアップ11社

2022年06月09日 07時00分更新

 NTTドコモ・ベンチャーズは2022年5月27日、ビジネスイベント「NTT DOCOMO VENTURES DAY 2022」をベルサール東京日本橋にて開催。テーマ「What's your next? 未来の景色を想像しよう」のもと、メタバース、サステナビリティーなどに関するトークセッションやブース展示が実施された。本記事では、ピッチセッション「次代を創造するチャレンジャーによるピッチ」に登壇した11社のピッチをレポートする。

声優やキャラクターと一対一感覚の会話が体験できるメッセージアプリ「dear.」

 株式会社any styleは、アニメファンの推し活を支援するメッセージアプリ「dear.」を開発。声優からの日常的なメッセージ配信や電話がかかってきたかのような音声メッセージの体験が楽しめる。そのほか応援やリクエストを送れるレター機能、声優同士の会話が覗けるグループ配信機能などを搭載。さらに、声優からキャラクターへと拡張し、人気イラストレーター×人気声優によるキャラクターから届くメッセージ配信を6月から随時開始していく予定。将来は、アニメ製作委員会とも協業していく計画だ。

株式会社any style 代表取締役CEO 萩原湧人氏

就職活動のプロセスを評価する採用プラットフォーム「ABABA」

 株式会社ABABAは、最終面接でカルチャーフィットなどの理由から採用に至らなかった学生を企業間で推薦し合い、スカウティングできる採用プラットフォーム「ABABA」を開発。学生の就活では数カ月もの時間をかけて挑むが、96.3%の学生は不採用になっている。ABABAは、最終面接まで残った優秀な学生を企業推薦として登録し、就職活動のプロセスの情報をもとに登録企業からのスカウト依頼を受けられる。他社で最終面接まで進んだ実績をもとに一次選考のコストが短縮でき、スカウト承諾率は20%と他のスカウトサービスに比べて高く、現在、DMM.comグループ、株式会社マネーフォワードなどベンチャーを中心に350社以上が採用している。今後は初期選考からのデータを収集し、複数の登録企業が2次選考からスカウトできるような仕組みへと発展させていきたいとのこと。

株式会社ABABA 代表取締役 久保 駿貴氏

アノテーション作業の自動化で教師データの作成時間を大幅に短縮する「FastLabel」

 FastLabel株式会社は、高品質な教師データ作成を自動化するAIアノテーションプラットフォーム「FastLabel」を提供している。従来は手作業だったアノテーションをAIで自動化。教師データの作成コストを70%削減するだけでなく、クラウドソーシングなどの人力に比べてデータ品質も30%向上するという。製造業、建設・不動産、インフラ、医療など幅広い業界が導入。現在は画像解析によるアノテーションのみだが、今後はテキストや音声データへの対応や、蓄積データをもとにしたAI開発基盤の提供へと拡大していく計画だ。

FastLabel株式会社 CEO上田 英介氏

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう