週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

ダイヤルを回して電話をかける4Gケータイが組み立てキットで登場

2022年05月13日 12時00分更新

ダイヤル付きの4Gケータイが登場

 SNS疲れの人や、最低限のコミュニケーションが取れればいいと思う人たちは今でもフィーチャーフォンを使っています。数はわずかですがまだまだフィーチャーフォンがなくならないのは、そのような需要が一定数あるからでしょう。フィーチャーフォンも様々なデザインのものが販売されていますが、たとえばスイスのPunkt.の「MP02」はミニマルデザインの美しい外観が特徴。2019年に発売になりましたが、2022年に新色のブルーが追加されました。MP02は陳腐化しないデザインのロングセラーモデルになっています。

Punkt. MP02のブルーモデルは2022年に発売

 MP02は電話をかけることが楽しくなりそうなフィーチャーフォンですが、同じように通話に特化し、しかも楽しく使えるフィーチャーフォンが登場します。オープンソーステクノロジー企業、Sky's Edgeはダイヤルを備えた4Gフィーチャーフォン「Rotary Un-Smartphone」を2022年秋にリリース予定です。現在は予約を受け付けており、価格は390ドル(約5万1000円)です。また本製品は完成品ではなく、自分で組み立てるキットになっています。

ダイヤルを搭載するRotary Un-Smartphone

 Rotary Un-Smartphoneはその外観からわかるようにスマートフォンではありません。通話用の端末であり、SIMカードを入れてケータイとして使うことができます。電話をかけるときは黒電話のようにダイヤルを回して番号を入力します。ショートカットボタンがあるので、よく電話をかける相手は登録してワンタッチでの呼び出しも可能です。また背面には電子ペーパーディスプレーを搭載、SMSのメッセージや通話ステータスを表示できます。なおSMSの返信は定型文を保存しておき、それを送信することができるとのこと。

キット内容と組み立て例

 Rotary Un-Smartphoneオープンソースの組み立てキットであり、たとえば本体の3Dデータをダウンロードして自分で加工し自分好みのボディーを作るなど、カスタマイズも可能な仕様になっています。本体に取り付けられているアンテナも汎用コネクター品を使っているとのこと。バッテリーもその気になれば大型のものに交換もできるでしょう。またマイクロコントローラーはATmega2560、通信モジュールは業界大手u-bloxのLTEモジュール「TOBY-R200(グローバル版)」または「R202(北米版)」を搭載します。それぞれLTE Band 1/2/4/5/8/12、LTE Band 2/4/5/12に対応します。ハードウェアとソフトウェアの設計はすべてSky's Edge創業者のJustine Haupt氏が担当しました。

u-bloxのIoT向けLTEモジュールを搭載する

 その他の仕様は充電端子がUSB Type-C、ヘッドフォン端子を装備。フロント側には小型の有機ELディスプレー、また電源ボタンとマイクのON / OFFはそれぞれメカニカルスイッチを搭載。重量は約163gです。外装は白、ベージュ、緑(Seafoam)、赤、黒の5色。どれもアナログ感のあるいい感じの色合いです。

 ポケットに入れるにはやや大きいものの、街中で取り出しおもむろにダイヤルを回す操作をすれば、目立つことは間違いないでしょう。またダイヤルを回すという操作の間、相手とコミュニケーションを図る前に自分の気持ちや頭の中の整理をする時間が取れます。

 「とはいえSNSができなければ困る」という人は、Rotary Un-Smartphoneとスマートフォンを併用するのもいいでしょう。キットが発売されたらぜひ入手して組み立てたいものです。

山根博士のオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう