週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

2022年4月27日~5月3日のツイートデータから注目「ゲーム」流行語を探し出す

モンスト、Apex、ポケモン、FGO……春のキャンペーンでツイート上昇中

2022年05月13日 18時00分更新

モンストが名探偵コナンコラボ開始でツイート数アップ!

人気ゲームのキャンペーンツイートが最高潮に

 いまTwitterで話題のホットな出来事・コンテンツが丸わかり!

 国内のエンターテインメントに関連する全ツイートデータから、せきゅラボが注目する流行ワードをランキング形式で紹介します。今回は2022年4月27日から5月3日までのツイートデータをもとに、「ゲーム」に関連する注目ワードを大公開!

せきゅラボ注目の「ゲーム」関連ワード 4/27~5/3
ワード ツイート数
1 原神 97万1960
2 ウマ娘 プリティーダービー 39万344
3 モンスターストライク 32万1283
4 Apex Legends 27万5638
5 あんさんぶるスターズ! 19万1137
6 放置少女~百花繚乱の萌姫たち~ 18万7473
7 ポケットモンスター 15万301
8 プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク 13万4453
9 ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 12万4339
10 Fate/Grand Order 12万1132

 1位は「原神」。4月30日に人気キャラクター「ディルック」が誕生日を迎え、公式アカウントが新規イラストを投稿、祝賀コメントやファンアートが多数投稿されています。

 

 2位は「ウマ娘 プリティーダービー」。4月28日にチア衣装の「ナイスネイチャ」が実装されて人気爆発、多数のファンアートが投稿されています。また、「キングヘイロー」(4月28日)、「サイレンススズカ」(5月1日)が誕生日を迎え、こちらも同様に祝賀コメントやファンアートがタイムラインを賑わしているようです。

 

 3位は「モンスターストライク」。5月1日から『名探偵コナン』とのコラボを開始したことにより、ツイート数が増加。ガチャの結果などが多数投稿されています。

 

 4位「Apex Legends」。5月中のリリースを控え現在事前登録受付中の『Apex Legends Mobile』が4月29日よりiPhone 13などが当たるプレゼントキャンペーンを開催開始、さっそく拡散されています。そのほか、5月11日配信の『Apex Legends』新シーズン情報が話題となっているようです。

 5位は「あんさんぶるスターズ!」。4月28日に7周年を迎えて様々なイベントを開催している関係でツイートが増加しています。なかでも人気歌い手・そらる、そしてなかやまきんに君とコラボしたスペシャルムービー企画「#7人の歌い手リレー」が話題を呼んでいます。

 6位は「放置少女~百花繚乱の萌姫たち~」。5月6日からの『五等分の花嫁』とのコラボ実施を記念して、4月29日からフォロー&RTキャンペーンを開催中です。

 7位は「ポケットモンスター」。4月24日から27日まで公式アカウント「ポケモン情報局」の4周年を記念したオリジナルマスキングテープが当たるプレゼントキャンペーンを開催中。人気となっている。

 8位は「プロジェクトセカイ カラフルステージ! feat.初音ミク」。4月30日に公式大会「プロジェクトセカイChampionship 2022 Spring」の決勝が開催されて注目が集まりました。なかでも、決勝最終曲目に人気ボカロ曲、れるりりの「脳漿炸裂ガール」が登場し反響が大きかったようです。

 

 9位は「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族」。4月29日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議2022」にて「超ドラゴンクエストXTV ニコニコ超会議2022 出張版」が生配信されツイート数が増加しました。スマホゲーム『ドラゴンクエストタクト』とのコラボイベントも開催され話題となっています。

 

 10位は「Fate/Grand Order」。「FGO Twitter春のプレゼントCP!第2弾」ツイートのRT数が10万RTを突破し、4月30日からユーザー全員にプレゼントが配布され話題になりました。ほか、4月27日より『マンガで分かる!Fate/Grand Order』とのコラボイベント「連続活劇神話 ミシシッピミササイザーズ」が開催され人気となっています。

スマホに届く衝撃的なメッセージに即反応してはダメ!

 ゲームをはじめ、あらゆるコンテンツがスマホの画面を奪い合っている昨今ですが、悪意ある人たちの攻撃もまたスマホを標的にしています。たとえば電話番号でメッセージを送れるSMSに衝撃的な文面を送り付けて偽のWebサイトに誘導し、個人情報などを奪う「スミッシング詐欺」は代表的なものと言えます。

 著名な通販サイトや運送会社を装い、「アカウントが停止されたのでこちらのURLから再登録を」「不在だったので受け取れる日時を至急入力してほしい」といったメッセージをスマホに送り付けることで、慌てた被害者に個人情報を入力させる手口が有名です。企業や団体がSMSで個人情報を求めることはまずありませんので、単純に無視することがそのまま対策になります。

たまに役立つセキュリティ豆知識

Q:「スミッシング詐欺」ってなに?

A:フィッシング(偽Webサイト)詐欺の一種で、「SMS(ショートメッセージサービス)」と「Phishing(フィッシング)」を混ぜ合わせた詐欺行為。つまりSMSを使ったフィッシング詐欺を指す。綴りは「Smishing」。

 SMSは、電話番号さえわかれば誰でも相手にメッセージを送信できる。何らかの理由で漏れた電話番号をリストとして利用し、無作為かつ大量に詐欺メッセージを送信することは容易だ。手口としてはメールを使ったものと大差ないが、SMSはフィルタリングが効きにくいことからユーザーがメッセージを読んで信じ込んでしまう可能性が高い。

 また、スミッシングはスマホが対象になるため、乗っ取りや課金、悪意あるアプリのインストールといった、単純なフィッシングとは異なる種類の攻撃が展開されることもあるので特に注意したい。

※ご紹介しているデータは、角川アスキー総合研究所が提供中の「Twitter解析サービス」を基にした内容です。本サービスでは、Twitter社と公式に契約して取得したエンターテインメントに関連する全ツイートデータから、独自の辞書データベースを活用して、高い精度で目的のツイートを抽出・分析することが可能です。当社とNTTデータ、東京大学喜連川研究室による独自の解析システムを用いて、ポジティブ・ネガティブの判定、性別や年代の推計もご提供できます。ご興味・ご関心をお持ちの方は下記よりお気軽にお問い合わせください。
メールはこちらへ

■関連サイト

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう