週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

オンライン授業を経験した保護者はどう感じたのか?

オンライン授業は先生や授業中の様子が見られるメリットあり

2022年05月10日 09時00分更新

小・中学生のオンライン授業についてメリットは?

オンライン授業のメリットには「身支度や忘れ物」も

 新年度は対面授業中心に戻っているが、オンライン授業はすっかり当たり前のものとなり、いざというときに受けられる準備も整っている。

 過去にオンライン授業の課題はモチベーションという話題を取り上げたことがあるが、保護者が考えるメリットは何だろうか。小中学生の子どもを持つ保護者を対象とした、おうち教材の森のアンケート「小・中学生のオンライン授業についてメリットは」(2022年4月)を見てみよう。

 「小・中学生のオンライン授業についてメリットは?」と尋ねたところ、「授業中の様子が見れる」がトップとなった。「授業内容を知れる」「どういう先生か知れる」などにも票が集まっている。

 そのほか、「余裕を持って身支度ができる」「忘れ物がなくなる」などの、登校がなく自宅で授業を受けるならではのメリットを挙げる人もいた。

先生や授業の様子が見られると好評

 「コロナ禍で学校公開や運動会などもなかったので、子どもが学校でどんな様子なのか、お友達と仲良くやれているのか、ずっと気になっていた」と、あるオンライン授業を経験した保護者は言う。

 「先生の様子や授業の様子が見られてよかった。ハキハキして楽しそうな先生だったし、言葉かけも良くて、みんなが楽しそうだった。うちの子もしっかり話を聞いていて安心した。子どもも『みんなのマスクをしていない顔が見られた』と喜んでいた」。

 小学生をはじめ低年齢の子どもがオンライン授業を受ける場合、ネット接続や不具合の対応などに保護者がつきっきりになることも多く、手間がかかるという声はよく聞く。しかし一方で、先生や授業中の様子が見られることは大きなメリットだろう。

 コロナ禍でも学びを止めずに済む環境が整い、子どもたちもオンラインコミュニケーションに慣れ、メリットを享受している。コロナが終息しても、オンライン授業は形を変えて活用されていくのではないだろうか。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子
 ITジャーナリスト、成蹊大学客員教授。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう