週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

辛くておいしい!

丸亀製麺、一部店舗で発売中の「担々まぜ釜玉うどん」は「追いごはん」が決め手のシビ辛メニュー

2022年03月30日 11時00分更新

文● ナベコ 編集●ASCII

 ごきげんよう、アスキーの食いしんぼうナベコです。

 丸亀製麺のショッピングセンターなど一部店舗で販売している「担々まぜ釜玉うどん」をご存じですか? 担々麺風にアレンジしたうどんメニューで、シビレ系の辛さが好きな人にとって評判です。昨年に販売された際は人気のため早期完売となるお店もありました。

 今年も3月15日から期間限定で発売中!

丸亀製麺「担々まぜ釜玉うどん」(並)670円、(大)790円、(得)910円 ※店舗限定

ひと口ごはんがつきます!

 今年の「担々まぜ釜玉うどん」はなんと「ひと口ごはんつき」。価格は(並)670円、(大)790円、(得)910円。丸亀製麺の中ではちょっとお高め。ですが、ごはんがプリセットでつくのは大きいですね。うどん並だとお腹が満たされるか心配、という人にもいいですね(もちろん、大サイズ、得サイズもあります)。

カイエンペッパー入りのかつお粉が辛さの爆弾

 トッピングがいろいろのってにぎやかな見た目です。ベースのだしはごまだれ風。上に、肉味噌、かつお粉、白髪ねぎ、海苔、そして温泉玉子がのっています。無料の青ねぎのトッピングも加えましたよ。青ねぎは基本ですよね!

無心になって混ぜると吉

 ねっっちょ~と混ぜてからいただきます。けっこう粘度が強いですよ。混ぜれば混ぜるほど味に一体感が出ますよ。

四川系の痺れる辛さ!

 ではいただいてみましょう。ひと口目から花山椒のシビれが刺激的で「辛ーーーーーーーい」!!

 続いて、肉味噌の濃厚なコクが広がりシビれ&うまさ! 後味には唐辛子の爽やかな辛さがきいてきます。丸亀製麺としては攻めた辛さで鼻汗ものですが、クセになってしまい次へ次へとすすってしまいます。

 辛さの秘密は、肉味噌。味噌のコクと花椒油のキレのある辛みの麻辣担々肉味噌になっています。そしてかつお粉。なんとカイエンペッパー(特に辛みの強い赤唐辛子)が混ざっていているんですね。たしかに混ぜる前にかつお粉の部分に鼻を近づけてみるとアツくなるような刺激的な香りがしました。

 うどんは、冷や水で締めない"釜抜き麺"なのでもっちりやわやわ。時間が経つにつれてだしを吸い込んで麺自体が辛くなっていきます(!)。

この肉味噌でお酒が飲めそうです・・・!最後はごはんを入れて〆

 仕上げにだしや肉味噌がどうしても残ってしまうところ、追いごはんをくわえることでだれを吸ってくれて最後までシビ辛を逃さずにいただけます。おいしかったです。ごちそうさまでした。

 流行の汁なし担々麺、まぜそば系をうどんで再現した商品。花山椒をきかせた本格的なシビ辛でありつつ、かつお粉など和のテイストが加わっているのが魅力です。辛いもの好きはには注目の「担々まぜ釜玉うどん」ですが、販売期間は2022年4月下旬まで。一部店舗限定なので(ショッピングセンター中心)お近くの丸亀製麺で販売しているかチェックしてみてくださいね!

※記事中の価格は税込

■関連サイト


■「アスキーグルメ」やってます

 アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

 ご意見、要望、ネタ提供などはアスキーグルメ公式Twitterまで
アスキーグルメ (@ascii_gourmet)

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう