週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

最新「Cクラス」で感じるメルセデス・ベンツのプレミアムの底力

2022年03月21日 12時00分更新

 メルセデス・ベンツの新型「Cクラス」に試乗してきました。どんなクルマであったのか。魅力はどこにあるのかをレポートします。

メルセデス・ベンツにおける
Cクラスの立ち位置とは?

 まず、「Cクラス」のポジショニングから説明しましょう。メルセデス・ベンツは、コンパクトなハッチバックから、中型、大型のセダン、クーペ、SUVと幅広い車種を揃えています。でも、その内容を吟味すれば、大きく2つに分けることができます。ひとつは、大昔からある中型・大型のセダンをベースにしたモデル。特徴はエンジンをフロントに縦置きする後輪駆動がベースということ。いわゆるFRのクルマです。具体的には「Cクラス」「Eクラス」「Sクラス」のセダンを中心に、そのステーションワゴンとクーペの派生モデル、そしてSUVの「GLC」「GLE」「GLS」と、それらSUVの派生モデルです。

 もうひとつのメルセデス・ベンツが、1990年代後半から追加された、エンジンを横置きするFFベースのコンパクトなモデルたち。「Aクラス」「Bクラス」「CLAクーペ」とその派生モデル、そしてSUVの「GLA」「GLB」といった面々です。

 ざっくり言えば、小さなFFと、大きなFRという区分けです。

 そんな中で「Cクラス」は、最も小さなFRモデルとなります。もちろん価格もFRで最もお安いこともあり、販売数も多く、長年「日本で一番に売れているメルセデス・ベンツ」というポジションを守り続けてきました。

 その「Cクラス」が、第5世代にフルモデルチェンジをはたし、昨年の6月から日本で発売を開始。まずはセダンとステーションワゴンを、9月に4ドアクーペの「CLS」、そして2022年1月より、ステーションワゴンをベースにしたクロスオーバーの「C220d 4MATICオールテレイン」が発売となっています。

新型Cクラスの特徴は電動化と最先端技術

 今回登場した最新の「Cクラス」の特長は、主にふたつあります。ひとつは電動化、そしてもうひとつがフラッグシップたる「Sクラス」譲りの最先端技術を数多く採用したことです。

 電動化の内容は、全車に48VマイルドハイブリッドのISG(インテリジェント・スターター・ジェネレーター)を採用。さらに、プラグインハイブリッド・モデルの日本導入も予定されています。ISGとは、エンジンとトランスミッションの間に挟み込んだモーターで、駆動アシスト/減速エネルギーの回収/エンジン始動/発電などを行ないます。ISGの出力は15kW(20馬力)・208Nm。馬力こそ小さいものの、トルクは大きく、また、エンジンに直接つながっているので、効率よくスムーズな作動が可能となっています。

 ISGを組み込んだエンジンは3種。最高出力125kW(170馬力)・最大トルク250Nmと最高出力150kW(204馬力)・最大トルク300Nmのチューニング違いの2種の1.5リッター・ガソリン・ターボと、最高出力147kW(200馬力)・最大トルク440Nmの2リッター・ディーゼル。組み合わされるトランスミッションは、すべて9速ATとなります。

 そして、「Sクラス」譲りの最先端技術とは、最先端の運転支援システム、縦型11.9インチのセンターディスプレイを中心とする直感的な操作設定、AR(拡張現実)ナビゲーション、生体認証(指紋・声)による車両設定、片側130万画素の超高機能ヘッドライト、リア・アクスルステアリング(半導体不足のため、現在は注文できないとか)など。FRモデルのエントリーというポジションですが、最新技術は惜しみなく投入されているのが特徴です。

 そして、今回試乗したのはセダンの「C200アバンギャルド(654万円)」、ステーションワゴンの「C220d ステーションワゴン アバンギャルド(705万円)」、そしてクロスオーバーの「C220d 4MATIC オールテレイン(796万円)」の3モデル。セダンが、150kW(204馬力)のガソリン・エンジンで、ほか2モデルが147kW(200馬力)・最大トルク440Nmのディーゼルです。

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう