週刊アスキー

  • Facebookアイコン
  • Twitterアイコン
  • RSSフィード

TikTokやInstagramよりもSnapchatをまず選ぶ

アメリカの10代「最高の時計ブランドはアップル」で87%がiPhone所持

2022年01月18日 09時00分更新

NetflixはYouTubeより人気が高い

 同じ10代でも米国と日本では驚くような違いがある一方、意外な共通点もある。今回は、米国の10代を対象としたPiper Sandlerの第42回Z世代調査(2021年秋)を見てみよう。

 米国の10代は買い物時間の8%を中古品に当てている。全体の51%は中古品を購入し、62%が中古品を販売しているのだ。日本でもメルカリなどで中古品を販売・購入する若者は多いが、米国でも同様に中古品の売買が当たり前となっていることがわかる。

 そして毎日の動画視聴時間の32%をNetflixに、そして30%をYouTubeに費やしている。動画視聴を好む傾向は同じだが、NetflixがYouTubeを上回っている点が目を引く。Netflixは『イカゲーム』などオリジナル作品で人気となっており、存在感が増しているのだ。

 また、以前別の調査でもお伝えしたように、お気に入りのソーシャルメディアはこの調査でもSnapchatが35%で1位であり、TikTok(30%)とInstagram(22%)が続く。Snapchat人気の有無が日米における大きな違いと言える。

アメリカのZ世代はアップル製品利用者多し

意外!? 若年層のApple推しは日米共通

 10代の87%がiPhoneを所持しており、そのうち88%が次もiPhoneにすると考えている。日本だけでなく、じつは米国でも若者の支持を得ていることがわかる。これは端末自体の魅力のほか、Apple MusicなどAppleが提供するサービスの人気も加味されているようだ。

 興味深いのは、最高の時計ブランドとしてAppleが選ばれている点だ。Appleの時計、つまりApple Watchが人気となったのは、Apple Watch SEやApple Watch Series3などが比較的安価で手に入れやすくなったことが影響していると思われる。

 日本でも、「古くても絶対にiPhone」という若者はとても多く、筆者が教員を務める大学でも受講生の98%がiPhoneを所持する人気ぶりだ。iPhoneを利用するだけでなく、Apple関係のサービスを利用したり、パソコンもMacにしたりする若者も少なくない。もうしばらく若者におけるAppleの天下は続きそうだ。

■関連サイト

著者紹介:高橋暁子
 ITジャーナリスト、成蹊大学客員教授。書籍、雑誌、Webメディアなどの記事の執筆、監修、講演などを 手がける。SNSや情報リテラシー教育に詳しい。『ソーシャルメディア中毒』(幻冬舎)、『Twitter広告運用ガイド』(翔泳社)、『できるゼロからはじめるLINE超入門』(インプレス)など著作多数。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などメディア出演も多い。公式サイトはhttp://akiakatsuki.com/、Twitterアカウントは@akiakatsuki

この記事をシェアしよう

週刊アスキーの最新情報を購読しよう